2015年09月03日

体脂肪率と筋肉量について

みなさんこんばんは!


昨日ちょっとショックなニュースが目に飛び込んできました!



書泉ブックマートが今月で閉館するとか(泣)


書泉ブックマートとは靖国通り沿いにある一棟まるごと書店のビルなのです。



実は今でこそ僕の母校であるYMCA社会体育専門学校は東陽町にありますが、僕が通っていた頃は新御茶ノ水にあり、専門学校時代あまり友達のいなかった野上は、放課後バイトまでの時間をほとんど書泉ブックマートで過ごしていたと言っても過言ではい青春を送っていました。


今でこそアイドルオタクの聖地と呼ばれているようですが、僕の時代は普通の書店で、4階まで上がると格闘技関係やトレーニング関係のレアな書物がたくさんあり毎日それらの本をむさぼるように読んでいたように思います。



今と違いネットというものが全くなかった時代なので、書店は貴重な情報源であり、さらに地元の書店ではお目にかかれない本が沢山置いてある書泉ブックマートは、まさに放課後の僕の青春そのものでした。



今でもたまに御茶ノ水まで出ると当時のおきまりのコース、つまり靖国通りのスポーツショップ街を一通り見て、書泉ブックマートにより、そのまま御茶ノ水の楽器店街を巡るというコースを辿り、最後はバイトをしていた吉野家ご飯を食べて当時を振り返るということをするのですが、・・・・それもできなくなるんですね_| ̄|○



悲しいなあ・・・・・・



今月で閉館ということなので、ぜひ閉まる前にもう一度行こうかなと思います!!!!!



てとこで健康のお話ですが、毎週水曜日は皆様とのやりとりをより詳しくご紹介させていただく日となっております!



今日ご紹介するやりとりは以下のようなやりとりでした(^^)


Q
はじめまして。
いつも勉強させて頂いてます。

私は高校生の部活動でストレングストレーナーとして少し関わらさせて頂いてます。

少しご教授していただきたいのですが

ハンドボール部なのですが、トレーニングはもちろん、細い子が大半なので食事、栄養の指導と共に、体重を毎月プラス1キロを目標にして指導しています。

が、キーパーの数人はすでに体重が十分な為、太らせたくないのですが、キーパーだけ体重増やすのを免除すると、公平差が出る為、キーパーのみ体脂肪率を絞らそうかなと考えていますが、

他の子たちと公平にするには、月辺りの体脂肪率減少目標をどれ位にすればいいでしょうか?

お忙しい中申し訳ありません
ご教授頂ければ幸いです。


A
体脂肪率ではなく、除脂肪体重をめやすにしたらいいのではないでしょうか?(^^) それならみなさん公平になると思いますが(^^)



Q
なるほど、そうですね確かに除脂肪体重がいいですね。

すいませんわざわざありがとうございました。



A
あと体脂肪「率」ではなく体脂肪「量」を基準にした方がいいですよ(^^)体重かける体脂肪率で体脂肪量がでるので、「体脂肪「量」は増やさず」「筋肉(除脂肪体重)を増やす」とすれば全員のパフォーマンスが上がるとおもわれます(^^)



というものでした!



よくジムでも話すのですが、体脂肪率にこだわってトレーニングやダイエットをされる方って多いですよね。


確かに一つの目安であることに違いはないのですが、体脂肪率ばかりを盲信してしまうのはあまりいいことではありません。



というのも体脂肪率というのはとても変わりやすいからです。例え脂肪が1gも増減していなくても、体脂肪率は簡単に変わります。


なぜかというと「率」だからです。


つまり体重50Kgの方の体脂肪率が20%だった場合、脂肪は10kgついていることになります。


50kgの20%は、10kgだからです。


この方が水を大量に、例えば2L飲んだとします。


この場合水を飲んだだけですので、脂肪は変わらず10kg、体重は水の分が増えて52kgになります。


体重52kgに対して10kgの脂肪が占める割合は、19.2%となります。


そう、脂肪が1gも増減していなくても、この場合体脂肪率は0.8%下がったことになります(^^)



こんなものを厳密に当てにしてもあまりいいことではありません。
(ハリル監督、聞いてる?)


むしろ大事なのはこの場合、10kgあった脂肪が増えたのか減ったのかを観察してその人のダイエットが上手く進んでいるのかどうかを判断するべきなのです。


よくあるのは「体脂肪率は減ったけど、体脂肪の量は増えた」というパターンです。


この場合はダイエット的には全く成功しているとは言えず、対策を変更しないといけないパターンなんですね。


ちなみにやりとりででている「除脂肪体重」とは、単純に体重から、脂肪の量を引いた体重のことで、上記の例の場合、50kgの体重から10kgの脂肪を引いた40kgのことを指します。


この量がまあ、筋肉の量(正確にはもちろん違う)の一つの基準として見ていいと思います。



体脂肪率・・・・ではなく、体脂肪量の計算は簡単で、体重×体脂肪率ででます(^^)



体脂肪率20%の場合、20%とは、つまり0.2ということなので、50×0.2=10 となりますね。


除脂肪体重は体重から、この体脂肪量を引いた数字ですので、50ー10=40 ということででてきます。



パフォーマンスを上げる目安として筋肉の量が増えているのかどうかを見たかったら除脂肪体重で判断し、ダイエットが順調に進んでいるかどうかは、体脂肪量で判断するようにしてください(^^)



いろいろぜひご参考にしてみてくださいね(^^)



ではでは!!!!


過去記事まとめブログも好評更新中!!


ご覧になられる方は、こちらをクリックしてください。

ダイエットの授業! http://kireiniyaserun.sblo.jp
筋トレの授業! http://kireiniyaseruntore.sblo.jp
「体幹」の授業! http://kireiniyaserutaikan.sblo.jp
「スピード。ジャンプ力アップの授業」!!http://kireiniyaserussaq.sblo.jp
ストレッチの授業http://kireiniyaserustretch.sblo.jp
腰痛の授業http://kireiniyaseruyoutsuu.sblo.jp
身体のゆがみの授業http://kireiniyaseruyugami.sblo.jp
posted by てっちゃん at 00:54| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする