2015年09月29日

「球技で使う筋肉のお話」(効率よく筋肉を使うために)・・・

みなさんこんばんは!!



今日は休みだったので、ちょっと江戸川沿いをロードバイクで走っていたのですが、帰りが遅くなり、夜になってしまいました。


でも夜になるとなぜか土手に三脚を広げて撮影する人があちこちにいました。


なんでこんなに三脚を広げて撮影する人がおおいんだろうと思ったら「スーパームーン」という月がもっとも大きく見えるのがたしか今日だったなと思い、みなさんそれを撮影しているようでした。


まあ、撮影はいいのですが、夜に自転車走行する道に思いっきり3脚広げて撮影しているので、まあ危ないこと危ないこと・・・・・


ぶつからなくてよかったです(^^;


ちなみに僕もあやかって手持ちのiPhoneでとってみたら・・・・上手く撮影できませんでした(泣)



IMG_1950.jpg


ちなみに、気のせいか、この素晴らしい月夜になぜか女性の悲鳴やら鳴き声があちこちから聞こえいるような気がしたとかしないとか・・・・



・・・・・・福山さん結婚おめでとうございます(^^)



いやー、福山さんの結婚はやばいでしょ・・・(^^;



西嶋さんの結婚の時に、とあるコメンテイターが、「私のものじゃないのはわかっているけど、認識としてはもう、「みんなのもの」じゃないですか!!! 誰かのものになるなんて!! 」と嘆いていたのをよく覚えています。



いやー、福山さんくらいになるともうこのセリフが妙に説得力あると思うのはぼくだけでしょうか・・・・たしかにあれくらいかっこいいともうみんなで楽しむものだけど・・・・いいじゃん!! 福山さんにだって幸せになる権利はあるんだし・・・・(^^;



福山さん、ご結婚本当におめでとうございます!!!!(^^)



てとこで健康のお話ですが、毎週月曜日はジャンプ力・スピードアップをテーマにお届けいたしております(^^)



今日は「球技で使う筋肉のお話」(効率よく筋肉を使うために)・・・というテーマでお話しようと思います。


スポーツシーン、特に球技をやっている方たくさんいらっしゃると思います。


当然スポーツである以上筋肉を当然使いますが・・・・・



まず基本からですが、「どんな筋肉が使われるか?」です。


まず、筋肉には「遅筋」という筋肉と「速筋」という筋肉が存在します。


早い動作をする時、力強い動作をする時は「速筋」が、・・・ゆっくりとしたり、長い時間行う動作には通常「遅筋」が使用されます。



ボールゲームで勝敗を左右するのにとても大事な能力は、いかに素早く動け、素早く止まり、素早く方向転換できるかの能力です。



そう・・・「速筋」の能力の優劣ですね(^^)


この速筋の特徴ですが、100%全開の能力を発揮すると8秒ほどで主なエネルギーを消費してしまう性質があります。


これは筋肉の性質の問題なので、世界のトップアスリートでも一般の方でも大して変わりませんし、筋肉が増えて筋肉の中に備蓄されるエネルギーが増えても、瞬間的なパワーやスピードは上がっても、この時間自体は変わることはないんです。


この時に消費され尽くしてしまうエネルギーはみなさんサプリメントで撮っている方もおおい「クレアチン」です。(クレアチンリン酸)


ただし8秒過ぎてもダッシュはできますよね?


そう、この次に消費されるのが「グリコーゲン」というエネルギーです。


ちなみにグリコーゲンまで消費し尽くされてしまうのは40数秒になります。


つまり「速筋」が使われる時に使用されるエネルギーは主に二つだと思ってください(^^)
(アデノシン3リン酸はちょっと置いておきます)



でてすね、ここで大事なのは、「クレアチンはわりと使われてもすぐに補充がききやすいのですが、グリコーゲンまで使用してしまうと、グリコーゲンは補充に少し時間がかかる」という性質があるのです。



例えば、フェイントを素早く入れてドリブルで相手を抜きシュート・・・という動作はわずか数秒のプレーだと思うのですが、これ一回やっても、またすぐにボールが回ってきたら、同じようなブレーをすぐにできますよね?


でも、サッカーでサイドラインを思いっきり駆け上がって相手の陣内に入った後、ボールを奪われ素早く自陣にダッシュで戻る・・・なんてプレーをして、すぐにまた同じプレーを同じクオリティでてきるかといわれるとちょっと厳しいですよね(^^;


でもボールゲームでは、何十分もの間動き回り、さらに速筋をマックスで動かさなければならないシーンが何度となく訪れます。



そこでボールゲームで大事なことは・・・・「1回のプレーで頑張りすぎない」ということです。


どういうことかというと、ボールゲームのように次々とブレーしなければならない場合には限界時間の8秒を越え頑張りすぎると速筋のエネルギーを激しく消耗してしまい次のブレーをするためにエネルギー補充するのに数分かかることもあり、その時に相手にワンブレーで競り負けてしまい、それが決勝点・・・なんてことがあるかもしれません。



そのために「できるだけ100%ではなく90%ほどの力で勝負する」「できるだけ短時間で勝負する」ということを、頭に入れながら(ポジション取りも含めて)ブレーすることが大事です!!!


いくら筋肉を鍛えてもただがむしゃらに走ってしまっては体力を消耗する一方です。


そのためトレーニングの段階からスピードコントロールを意識したトレーニングをし、自分の100%は、「ここ」という時にとっておけるようにしましょう!!


また、それだけでなく、90%のパワーで8秒以内のプレーを「数多く」できるようにできれば、自分の筋肉内の速筋に必要なエネルギーをゲームに効率的に使用できるとも言えます。


そういうトレーニングを(試合形式の練習中でそういう動きの「質」ができるように心がける)普段の練習から行うようにしてくださいね!!(^^)



よろしければぜひご参考にしてください!!!



ではでは!!!(^^)



過去記事まとめブログも好評更新中!!


ご覧になられる方は、こちらをクリックしてください。

ダイエットの授業! http://kireiniyaserun.sblo.jp
筋トレの授業! http://kireiniyaseruntore.sblo.jp
「体幹」の授業! http://kireiniyaserutaikan.sblo.jp
「スピード。ジャンプ力アップの授業」!!http://kireiniyaserussaq.sblo.jp
ストレッチの授業http://kireiniyaserustretch.sblo.jp
腰痛の授業http://kireiniyaseruyoutsuu.sblo.jp
身体のゆがみの授業http://kireiniyaseruyugami.sblo.jp
posted by てっちゃん at 00:06| ジャンプ、スピード、アジリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする