2015年10月30日

「睡眠時無呼吸症候群」を防ぐストレッチについて」

みなさんこんばんは!



今ジムの中では、今月末に行われる感謝際の準備が佳境を迎えております。



今月31日の土曜日の午後から夕方までの短い時間ですが、出店を出したりして、ハロウィンにちなんで施設開放を行う予定なんです。



スタッフも全員仮装して臨むのですが、他にも色々な準備に追われてちょっとコーチ室内がピリピリしております(^^;



僕も、スタジオでホラー映画を流すのに機器を調達したりと色々と動いております。



先日もお伝えしましたが、僕の仮装はなぜか「ピッコロ大魔王」・・・・




いや、僕の趣味とかではなく、他にいる大きなスタッフが魔人ブーをやるというので「じゃあ横でピッコロやろうか?」とふざけて言ったところ、スタッフが真に受けて、さらに魔人ブーをやる予定だったスタッフが体が大きすぎて服が入らず断念・・・・なぜかピッコロが一人で企画の上を勝手に一人歩きしたというわけです・・・・



・・・・・超迷惑なんですけど・・・・・(^^;



当日は外の露天ブースで首から上を緑に塗った、今回の仮装では最も予算がかかっている衣装を身にまとった「リアルピッコロ」が闊歩しておりますので、当クラブお近くにお住まいの方で、当日おヒマな方はよろしければご来館ください(^^)



てとこで健康のお話ですが、毎週木曜日は「疲労」をテーマにお届けいたしております(^^)



今日は「「睡眠時無呼吸症候群」を防ぐストレッチについて」というテーマでお届けしようと思います。


疲労と睡眠は切っても切れない中です。


質の良い睡眠は疲労回復のためには欠かせないものといえるでしょう!!


そしてもう一つ、疲労回復にとても大切な役割を与えているのは、「血流」です。


血は全身を駆け巡って様々なものを運んでいます。



その一つ・・・・最も生命維持のために必要なもの・・・・酸素ももちろん血に乗って全身をか毛巡っています。



ところが、最近良く聞く「睡眠時無呼吸症候群」という言葉・・・・気になる方も多いと思うのですが、これは、睡眠中に呼吸が止まったり、止まりかけたりする症状です。



仰向けに寝たときに気道が喉の筋肉や舌に圧迫されて狭くなったり完全にふさがったりして起こる症状です。



これを一晩中続けると眠っているつもりでも実際は寝ていないような状態なので疲れが取れないのです。


つまりこの病気になると、睡眠の質は落ちるは、疲労回復真っ最中の睡眠時に、酸素は運ばれにくくなるはのダブルパンチで身体にダメージを蓄積させるものだといえます。



いびきがひどかったり、日中耐え難い眠気を感じる方はこの症状を疑った方がいいかもしれません。



本来この「睡眠時無呼吸症候群」は睡眠外来を訪れて治すのが基本です。


しかし、ここで簡単な対処ストレッチをご紹介しておきます。



基本下顎が奥に引っ込むと気道が圧迫されやすくなリマす。




そこで「眠る前に下顎を引っ張り出す」ようにします。




どうやるかというと、ます大きく口を開けて「あー」と声を出すようにします。



すると下顎が下がりますね。



そうしたら下に下がった顎をそのまま「いー」と叫ぶようにしながら前に突き出します!!




そう!!そのまま「なんだこのやろー!!!!」とアントニオ猪木のモノマネをするような感じです(^^)



これで下顎を前に突き出すようにして筋肉をほぐして、気道の圧迫に対して対処するのです。



先ほども書きましたが、ひどい時はもちろん病院に行ってみてもらうべきですが、このような簡単な対処法でもありますのでよろしければお試しください(^^)



ではでは!!!!!




過去記事まとめブログも好評更新中!!


ご覧になられる方は、こちらをクリックしてください。

ダイエットの授業! http://kireiniyaserun.sblo.jp
筋トレの授業! http://kireiniyaseruntore.sblo.jp
「体幹」の授業! http://kireiniyaserutaikan.sblo.jp
「スピード。ジャンプ力アップの授業」!!http://kireiniyaserussaq.sblo.jp
ストレッチの授業http://kireiniyaserustretch.sblo.jp
腰痛の授業http://kireiniyaseruyoutsuu.sblo.jp
身体のゆがみの授業http://kireiniyaseruyugami.sblo.jp
posted by てっちゃん at 00:25| ストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする