2016年01月21日

トレーニングギアの使用目的について  ポール編

みなさんこんばんは!!!


こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。



本文(^^)



今日は、みなさんとのやり取りについて詳しくご紹介している日となっています。



今日ご紹介するのはこのようなやり取りです。




Q
いつも読ませて頂いています。 有難うございます。
ストレッチポールについてどの様にお考えか教えて頂けると助かります。


A
僕はポールストレッチを使った「肩こり・腰痛ポールストレッチ」というスタジオプログラムを週に1本持っていますが、とても優れたギアだと思っています(^^)




というものでした(^^)



このやり取りに限らずなのですが、みなさんトレーニングギアってどう使っているでしょうか?



と言うより、どんなトレーニングギアがあって、どんな目的で使われるべきものなのか?と言うことを本当に理解して、目的別で使い分けている・・・・なんて方・・・



もしかしてかなり少ないのではないか?と思いました。




なので、代表的なもの・・・・今回は「ポール」に限りますが、ちょっとトレーニングギアについてその目的をお話しようかなと思います。



まずは「ポール」です。



ポール・・・・ご存知ですか?


ポールはまさに「筒」上のトレーニングギアなのですが、これ一体何に使うの?と思われる方ももしかしたら多いのではと思います。



僕は毎週水曜日の夜に「肩こり腰痛ポールストレッチ」と称して、ボールストレッチのスタジオレッスンを週に1回、もうかなり長く行っているのですが、これは本当にとてもいい「ギア」だと思っています。


このトレーニングギアの目的は「筋肉のリセット」です!!!



このポールに仰向けに乗って寝ると、ボールのアーチに乗って身体がある意味「反り」ます。


背骨を中心に背中全体が肩甲骨をメインにポールに沿って「反る」ため、まず「猫背」の改善には、絶大な効力を発揮します!!


まず、大抵の方は背中の筋肉というのは「凝り固まっている」方がとても多いです。


そりゃそうです。


バソコン・スマホ・デスクワーク・家事・工場などでの軽作業、学校で机に向かって勉強する・・・・・・


大抵の場合は、「背中が丸まり」「肩甲骨が離れている」状態が、「長時間続いている」という方・・・・とても多いのではないでしょうか?


こうなると、「肩甲骨が離れて」「背中が丸まった」状態で「筋肉が固まってしまう」・・・


という方、かなり実は多いのです。


僕は職業柄「道行く人の姿勢」にどうしても 目がいってしまうのですが、「背筋が伸びて」ちゃんとした姿勢でいる方のなんと少ないことか・・・・と本気でいつも思っています。


この「肩甲骨が離れている」状態で、「筋肉が固まっている」方に対して、「ポール」に乗ってストレッチをして、「筋肉をほぐして正常な位置に戻してあげる」ことは、かなり効果的です!!! 断言します!!!


固まった筋肉をほぐすのに必要なことは「ただ伸ばす」だけでは物足りず、「筋肉の伸縮を繰り返してあげる」ことの方がとても大事です!!!


ポールの正しい使い方は、ただポールに仰向けに寝ているだけではなく、その体制から、肩甲骨や肩の筋肉をいろいろな方向に伸縮を繰り返すような運動を繰り返すことが大事なのです。



一つエクササイズをご紹介するのなら、もっともベーシックな「胸開き運動」です。


動作はなんてことないです。


ポールに仰向けに寝て、両手をダラリと垂らし、手の甲を床につけている状態から、両腕を手の甲を床から離さないようにしながらゆっくり上げていきます。


これ以上あげると床から手の甲が離れてしまうというところまで腕を上げたら、ゆっくりと元のスタートポジションまで戻します。


ポイントは腕を上げていくときに息を吸い、胸郭を思いっきり広げ、腕を下げていくときは息をゆっくりと細く長く吐きながら下ろしていくことです、



これを数回繰り返します!!!!


やってもらうと分かりますが、これだけで、肩甲骨内部のインナーマッスルがいろいろと動いてほぐされていく実感が得られます。


このように、ポールは「身体の凝り固まった筋肉を柔らかくし、リセットしてあげる」目的で使用されます。


美容が目的の方にはとても有効であると思います!!



今回は「ポール」だけのご紹介でしたが今後も定期的にトレーニングギアの使用目的をいろいろとご紹介していければと思います。



ぜひお楽しみにしていてください!!!


ではでは!!!(^^)
posted by てっちゃん at 00:37| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする