2016年01月28日

トレーニングギアについて BOSU編

みなさんこんばんは!!!


こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。



本文(^^)



今日は、皆様とのご質問に対してのやり取りを詳しくご紹介しはている日です。


前回ポールストレッチについてのご質問に対して、ポールの役割を色々とご紹介しましたが、今日は別のトレーニングギアについて、ご紹介したいと思います。



実物を見ていただきましょう!!



これです!!!

IMG_2127.jpg



「BOSU」というのですが、わかりますでしょうか?


このトレーニングギアの使用目的は「不安定なサーフェイス」という状態を作り出すことです。


なんじゃそれ?という方も多いと思いますが・・・・(^^;


これは、めっちゃ簡単に言うと「グラグラした足場」だと思っていただければいいと思います。


この半円形のドームの中には空気が入っています。


これをどう使うの?と思われる方も多いと思いますが、一番基本的なのは「レッグランジ」を行うのが最もポピュラーというます。


このドームに向かって片足を踏み込み、そのまま腰を落として後ろ足の膝が床につきそうになったら、元の位置に戻ります。


一見簡単なようですが、最初にやる方は大抵グラグラして倒れそうになるか、人によっては全くできない・・なんて方もいたりします。


例えばですが、柔らかいゴムボールを左右から押すとどうでしょう?



ゴムが凹んで、押し続けるとグラグラしますよね(^^)


固形物を押すよりもはるかに不安定になると思います。


このグラグラを抑えながら筋肉を収縮&伸展をさせるのが目的なんです。


グラグラを固定するというのは、いわば動作を固定させるために使われる「固定筋」の動員量を普通にトレーニングするときよりも多くさせるのが目的です。


通常マシントレーニングは、フリーウェイトトレーニングに比べて軌道が固定されているので「安全」であるものの、固定筋の動員がほとんどないので、バーベルやダンベルよりも使用重量を重くすることができます。


しかし、マシンでいくら重い重量を使えるようになっても、フリーウェイトトレーニングの使用重量になかなかそれが反映されなかったり、実際のスポーツシーンにもその筋力が発揮されるのは、少し限定的にならざるを得ないという特性があります。


そりゃそうですよね・・・実際のスポーツシーンで、軌道が固定されていてその中で筋力を発揮すればいい・・・・なんて種目はそうそうありません。



大概スポーツのシーンでの身体の使い方は、軌道はフリーランスで、ランダムで、リズムすら不規則のことも多いです。


概ね使用重量というのは、マシン>バーベル>ダンベルの順になることがほとんどで、これはダンベルなどに行くにつれて軌道が自由になっていくため、軌道を「固定しなくてはならなくなる必要が多く」なるので、どうしても使用する重さが軽くなっていってしまうのです。


ここで勘違いしないでもらいたいのは「マシントレーニングが悪い」というわけではありません。


使い方や目的を間違えてはいけないということなんです。



つまりどういうことかというと、一般の方が、健康増進や、基礎体力の向上という目的で行うのであれば、マシンは安全に基礎体力を向上させてくれます。


そして「より強い筋力」を求める場合、バーベルでの基本エクササイズで「ベーシックな筋力」を養うのです。


そして、基礎筋力がついたら、ダンベルのようなバーベルよりある程度自由に動けるギアを使ってスポーツシーンに近い動作にしていきます。


より「競技的特異性」に近づけるためです。


もしくは、バーベルでは鍛えにくいような細かい部分をダンベルで鍛えていきます。


その過程で様々な筋肉や、いろいろな動作の「固定筋」への刺激も行うのです。


ちょっと話は逸れましたが、このBOSUは、さらに「わざとフラフラした足場」でトレーニングすることによって、普通にダンベルなどでトレーニングする以上の「固定筋」の動員させることを狙うのです。


なので、基礎筋力をつけたい・・・という方へのエクササイズというよりは、ある程度そういった筋力ができている方へのさらなる刺激を求めるためのギアだと思っていだければいいと思います。


なので、普通のレッグランジが20回やるときつい・・・・なんて方はまず、このギアをつか使うのではなく、普通のレッグランジがまずちゃんとできるようになってから使うか、バーベルスクワットなどで基礎筋力を鍛えることが必要です。



この「BOSU」は例えば、雨が降ってぬかるんでいるグランドでプレーする場合、足場が不安定な状況でもしっかりとしたパフォーマンスを発揮させるためのトレーニングだと思っていただくとわかりやすいかもしれません。



また、これを逆さにして腕立てをする場合は、柔道などのような相手がどう動くかわからないような競技で腕を色々なに方向から固定させる固定筋を鍛えるのに役立ちます。



ベースの筋力やパワーを上げる・・・というより、競技的特異性に合わせたパワーを発揮させやすくするためのアイテムだと思ってください。


よろしければ是非ご参考にしてください!!!


ではでは!!!(^^)
posted by てっちゃん at 00:47| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする