2016年06月30日

「脂肪を燃やす運動のコツ」

みなさんこんばんは!!!


こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。


掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。




本文(^^)



今日のテーマは「ダイエット」をテーマに「脂肪を燃やす運動のコツ」というテーマでお話しさせていただこうと思います(^^)



ダイエットと運動・・・・切っても切れないですよね!!



しかし、ダイエット向きの運動って何? と悩まれている方・・いませんか?



有酸素運動? 筋トレ? ウォーキング?


世の中にはいろいろな運動があります。


ダイエットのための運動を語る時に難しいのが、「その人の体力」です。


体力のある方とない方では当然、運動処方の仕方も変わってきます。



今回は全く運動経験のない方に向けて、ダイエット向けの運動の進め方について、取り組みやすそうな手順でご紹介してみようと思います。



まず、ダイエットに向けて今まで運動したことのない方が何から始めたらいいか?ですが・・・



やっぱりこれは「歩く」ことから始めるのが最もおすすめです。



しかし、最初はただ運動週間をつけめために歩くのも確かにアリですが・・・・



・・・・・あきませんか?(^^;


そう、ここが問題で、せっかく痩せようと歩き出したとしても歩きながら心の中でこう思っていませんか?



ほんとにこれで痩せんの?・・・・と・・・・



まず知ってもらいたいのは、ただ歩いているだけでも安静時の3倍の消費カロリーを使います。


体重50kgの人なら1時間で150kcalを消費します。



これを積み重ねていくのもいいのですが・・・・


変化が乏しいですよね(^^;


なので、ダイエットのために歩くのであれば「多少速く歩く」ことがおすすめです。


トレーニング初心者の体力でも「速く歩く」くらいなら誰でもできると思います。


ちなみに速く歩くと消費カロリーは安静時の4倍に上ります。


体重50kgの方なら200Kcalとなります。

しかし、ずっと同じペースで歩いていると・・・



やっばり飽きませんか?(^^;


そう、「ずっと同じペースなら」です。


実は僕が最もおすすめしているのは「ペースを変える」事なんです。


これを突き詰めていくと「インターバルトレーニング」という種類のトレーニングになるのですが、トレーニング初心者にいきなりインターバルトレーニング・・・・



実は最近の糖尿病患者さんへの運動処方ではやってたりするんです(^^;


そう、とても「体重減少に効果がある」という研究結果が出ていて、体力的な問題を差し引いても、高強度でいきなりインターバルトレーニングを行わせる処方が最近のトレンドになりつつあります。


個人的にはいきなり高強度でインターバルトレーニングするのは、「一般のダイエット目的のトレーニング初心者」では運動継続の面でかなり不安な部分があるので、まずは「ウォーキングでペースを強弱をつける」ことをおすすめしています。


まずは10分速く歩き5分ゆっくり歩く・・・を2セット!!


これだけで30分のトレーニングになりますね。


慣れてきたらこれを4セット・・合計1時間行うようにしましょう。


1時間がそれほどきつく感じなくなったら、10分の速歩の間に3分だけ走ってみましょう(^^)



これにより「ゆっくり歩く」「速く歩く」「走る」の3種類の運動が15分の中で数分おきに行われるので、「運動に飽きる」ということを大分抑制できますし、だだ漫然と同じペースで運動を続けるよりダイエット効果も期待できます。



身体は常に「変化」にさらされるとそのたびに新しい刺激を受けます。


ぜひダイエット向けの運動は「変化」を与えつつけながら行うようにしていくことをお勧めいたします(^^)


ではでは!!!!


今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
好きなことを仕事にして、それが嫌いになりそうになったら・・・・



はこちらから(^^)
posted by てっちゃん at 00:40| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする