2016年07月31日

「ピッチャーですが肩が痛いんですけど・・・鍵盤損傷編」について

みなさんこんばんは!!!


こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。



本文(^^)

今日は「ピッチャーですが肩が痛いんですけど・・・鍵盤損傷編」について、というテーマでお届けしたいと思います。


割と「野球のピッチャーやっていますが、肩が痛んですけどどうすればいいですか?」みたいなご質問をいただきます。


この場合、あったこともない、普段のトレーニングの状況も骨格も何もわからない方へいい加減なことは言えないですし、そもそも医師でもないので、「会ったことない方の怪我の原因なんてわかるわけありません。医師に相談しましょう」と答えていますが・・・・(^^;


肩の痛みにもいろいろとあり、その中で今日は「鍵盤損傷」というものについて少しご紹介しようと思います。


背中には大きなインナーマッスルがあります。



「棘上筋」という筋肉と「棘下筋」という筋肉です。


よく解剖生理学で背中の筋肉を覚えるときに上から「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「大円筋」と、この4つを一つのセットにして呪文のように唱えて覚えたという体育・医療系の学生さんも多いとおもいます(^^;


その「棘上筋」と「棘下筋」ですが、どちらも肩甲骨の内側についてそこから上腕の肩付近に付着しています。


このインナーマッスルの腱が板状になっていて、そこを「腱板」と言います。


そして、この部分が傷めてしまうことを「鍵盤損傷」と言います。


この鍵盤損傷には二つのパターンがあります。


一つは急性タイプと言って、ラグビーやアメフト、スキースノーボードで起きやすいのです。


これらのスポーツで転倒した時に、上腕が上体に押し付けられるような力を受けた時に、「棘上筋」と「棘下筋」に圧がかかって発生するタイプです。


これを防ぐにはこの「転倒」の仕方をできるだけ受傷しづらいようにすることが望ましいです。


できるだけ「受け身」を取れるようにするということです。


そしてもう一つは「慢性タイプ」です。


野球・テニス、バレーボールのように「腕を高い位置に上げて、振り下ろす」動作を繰り返すスポーツに多いタイプです。


これは野球のピッチングの時の「テイクバック」の時に、棘上筋は最大に収縮し腱の真上にある骨と衝突してしまいます。


そしてこれを過剰に繰り返すと損傷をしてしまう・・・というメカニズムになります。


もしくは、腕を急激に振り下ろす動作では、勢いよく振った腕を最終的に止めなくてはいけません。


このブレーキをかける役目を担うのが「棘下筋」になります。


「棘下筋」は伸ばされながら力を発揮し腕を止めます。


この「伸ばされながら力を発揮する」・・いわゆるエキセントリックトリックコンストラクションという、筋肉に最も負担のかかる負荷のかかり方が繰り返されることによって、これまた損傷を引き起こしやすくなるようになります。



では、肩に痛みや違和感を覚えたらどうすればいいか?ですが・・・


対処法としては、まず「休むのが一番!!!!」ということです!!!


やってはいけないことに痛みや違和感があるのに腕の位置をやや下げればプレーできるとか、痛くないところを探してプレーし続ける方がよくいます。


するとフォームが崩れた状態で負担を与え続けてしまうので、大抵の場合、より損傷の状態を悪くすることが多いです。



投球後のインナーマッスルの回復には「数日」を要する場合も少なくありません。


プロ野球の先発投手の投球の日程の感覚が数日あくのはそのためです。


鍵盤損傷の予防のためには日頃から肩甲骨・肩周りの筋肉をストレッチして、筋肉の可動性を高めておきましょう!!!


肩甲骨周りの筋肉が硬くなると筋肉のサポートが低くなるので、肩のインナーマッスルへの負担が大きくなってしまいます。


その場でできる簡単な体操としては、まず頭の上で手のひらを合わせて腕を伸ばします。


水泳の「けのび」のような感じですね。


その体勢のまま「肩から腕を上下にゆっくりと動かします」


肩甲骨が動いているのを確認しながら20回ほど上下させてあげましょう。



より可動性や柔軟性を高めたかったら、オススメは「ポールストレッチ」です。


ポールに仰向けに寝て手の甲を床につけたまま、腕を上下に動かす「胸開き運動」などは肩甲骨周りのインナーマッスルを色々動かすのでとてもいいと思います。


傷めてしまった場合はオーバーユースが原因の痛みなので医師に相談しつつ「休める」のが基本です。


予防のためには「肩・肩甲骨廻り」を大きく動かせるように普段からトレーニングしましょう!!


そういえば今メジャーリーグにいる元広島の前田投手が行うことで有名になった「マエケン体操」も基本肩甲骨廻りの可動性を高めるために行われているものです。


よろしければ色々とご参考にしてください(^^)


ではでは!!!!



今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
ポケモンGOデビュー?(^^;



はこちらから(^^)
posted by てっちゃん at 00:18| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする