2016年07月20日

なんと同業の「プロのパーソナルトレーナー」からの質疑応答をご紹介

みなさんこんばんは!!!


こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。




本文(^^)




今日は・・・なんと同業の「プロのパーソナルトレーナー」からの質疑応答をご紹介したいと思います。


実はこのように同業のトレーナーやインストラクターの方からご質問をいただくこともしばしばございます(^^)


今日は、トレーナー同士だとどんなやり取りになるのか?をご紹介したいと思います。


Q
女性のトレーニングでの重量設定についてなんですが、
低負荷高回数をやる上でその低負荷もどんどんと重量が増えてきた場合、高回数で、例えば20回できる重量であれば、前進的に増やしても、太くなったりはしないんですかね?


A
いや、太くなるでしょう(^^; そのまま重くしていかないほうがいいですよ(^^)


Q
こういう場合、スロートレーニングを、とりいれたり違う種目などで、刺激したほうがいいですよね?そのままでも効果はあるんですかね?


A
そもそもの「目的」によると思いますよ(^^)


Q
そういうことですね!!
ダイエットなら、回数多めでエネルギー使うことにいいですし!
筋肉を付けたいなら、徒手抵抗をかけたりですね!!
徒手抵抗のように、手で負荷をかけることについてどうおもいますか?
すいません、質問ばかりで。
お時間のある時に、返信頂けたら幸いです。


A
クライアントの目的達成に徒手抵抗がベストなら取り入れますし、ベストでないなら取り入れないです(^^) ちなみに徒手抵抗は、かなり「限定的」に使うものです(^^)


Q
ちなみに、更にいい体を目指してる女性で、負荷がかるく感じてきていて、負荷を上げ過ぎていくのはナンセンスとして、徒手抵抗をつかいますか?
限定的について深くしりたいです。


A
なんの為に徒手抵抗なのか?なぜマシンやダンベル、バーベルではダメなのか?徒手抵抗のメリット、デメリットは? 他のトレーニングのメリットデメリットは?をいろいろ考えていくといいと思いますよ(^^)



Q
このときの徒手抵抗とは自分が教えられてるのがマシンならプレート、バーベルやダンベルに手で負荷をかけるやりかたについてなんですが、それについては、どう考えればいいですか?



A
やはり、そのトレーニングのメリット・デメリットを突き詰めて考えればいいと思います(^^)実際にクライアントに処方されているのでメリット・デメリットを考えた上で実施されていると思われますし(^^)



Q
デメリット、メリットを考えて、その上で自分がどう考えるかでいいということですよね?
また自分の中で考えがまとまったらもう一度ご連絡します。
またご指導お願いします。
お時間を使って頂きありがとうございました。



A
ぜひ、いろいろ考えてみてください(^^) 答えだけを教わるより恐らくとてもいろいろな面で成長ができると思います(^^)


Q
その考えが自分に足りてなかったです。
でも考えてといわれると、
何か行動を起こさないとダメでその行動に気づきがあり
そして知り得る事も。
ありがとうございます。



というものでした。


はははは・・・・答えはぐらかしまくりですね(^^;


もちろんわざとですが・・・(^^)


もちろん同業の方ですので、一般の方よりはるかにトレーニングに対しての知識はあるはずなのですが・・・・こういう感じのクライアントとトレーナーの関係って結構大変です。


つどういうことかというと、クライアントさんは「更にいい体を目指してる女性」という・・・・


非常に「ふわっ」とした目的です。


どれだけ痩せたいのか?
筋肉はつけたいのか?
それとも今の筋肉量はキープで脂肪を減らしたいのか?
筋肉の量はそのまま「引き締める」というこれまた「ふわっ」とした目標なのか?


ライザップの方がまだはっきりしています(^^)

二ヶ月で体重〇〇K落とします!!

もう、目的バッチリでブレを感じませんしトレーナーもこれだとやりやすいです。


これに対して、パーソナルトレーナーは、「ふわっとした目的のクライアント」には手を変え品を変えトレーニング処方する・・


上記でも「スロトレ」「徒手抵抗」などが出ていましたし、筋トレも「低負荷高回数からどう漸進させるのか?」などが出ていました。


これはある程度「しょうがない」部分もあるんです。


「なんとか、クライアントさんに次のトレーニングの予約を入れてもらいたい」・・・とすると、どうしても毎回同じトレーニングではやがて飽きられてしまう。


次はこれやりましょう!!! この次はこれです!!!


としないと稼ぎになりづらい側面はどうしても否めないのです。


すると本来の目的にぴったりマッチするトレーニングとは少し違っても、いろいろ処方した方がクライアントさんは喜んでくれる・・・・みたいなこともよくあるんです。


このやり取りでも「手法」が先に来て、「クライアントの目的」に関してはちょっと後回しになっているような感じが見て取れませんか?


トレーニングの種目の選択は「いかにトレーニーの目的に対して最短距離で到達させられるか?」が大前提であるはずです。


その「目的達成」のために一つのトレーニングで万能のトレーニングになる・・・なんてものはありません。


各トレーニング法にはメリットとデメリットが必ず存在するので、それを把握しながら目的とクライアントのレベルに合わせて処方していく・・・


このメリット、デメリットに関しての知識の深さと、その時のトレーニーレベルにそのメリットデメリットを熟慮した上でいかに合わせられるのか?がトレーナーの腕になってきます。


もちろんその合わせ方も「最終的なゴールが見据えられて、それに対しての最短距離に到達するために「今行うべもの」」であることが必要です。


どうしても「今、目の前にいるクライアントさんに喜んでもらいたい」という気持ちが強いと「そのトレーニングのメリットがクライアントの目的にちゃんと合っている」かどうかの目がやや曇ってしまうことがあるのです。


ちなみに徒手抵抗のメリットは「負荷を厳密にコントロール」できる点にあります。


つまり、たいていの徒手抵抗のメリットは、ウェイトリダクションという、プレートを徐々に下ろして行って、ウェイトを軽くして行きながら筋肉を追い込むトレーニング法の、「重量を軽くしていくステップ」を 人の手でめちゃくちゃ細かくできるところにあります。


つまり「より筋肉を追い込む!!!」・・専門的に言うと筋肉に「代謝ストレス」をかけていく目的のトレーニングで、これは「筋肉を大きくしていきたい」時によく使われる手法です。(筋肉の出力を瞬間的に上げたい時にも使われたりする)


いや、徒手抵抗でもそんなに筋肉を追い込まなくて筋肥大なんて目指さない・・・ということであれば、何も徒手抵抗でなくてもノーマルのトレーニングで十分だったりするケースが殆どです・・・・がそれだとお金にならない(^^;



こういうことなんですよね・・・・徒手抵抗でトレーニングしているといかにも「普通のマシンではできないトレーニングを私はトレーナーさんにお金を払ってしてもらっているの!!! これが「更にいい体」への私のトレーニングなのよ!!」とクライアントさんは満足してくれると思いますが・・・普通のトレーニングでも十分じゃない?と思っちゃうともう身も蓋もないんですよね・・・・(^^;



なかなか、苦しいトレーナーの現実の世界の一部が垣間見えましたでしょうか?



誤解のないように言うと、このトレーナーさんが悪いわけでは決してありません。


僕もこのような「ふわっとした目的」のクライアントさんはかなり大変です(^^;


僕はこういう場合カウンセリングを鬼のようにして「具体的にどうしたいのか」の目的をクライアントさんからできるだけ引き出してあげて、お互い共有するようにします。


そして、ゴールを明確にして、それに向かって「今この段階ではこれをやっている」感を感じてもらうようにしてもらっています。


まあ、こういうもののやり方はトレーナーの個性が出ますし、僕のやり方が「必ず正義」であることは決してありません。


皆さんも是非色々なトレーナーさんについてもらって色々な体験をしてみてはいかがでしょうか?


ではでは!!!!



今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
夏休みが来てしまった(^^;



はこちらから(^^)
posted by てっちゃん at 00:15| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

「ベアフットランニング」足裏の固有感覚の向上について

みなさんこんばんは!!!


こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。




本文(^^)


今日は、ちょっと変わり種で「ベアフットランニング」というものについて、少しお話をしようと思います。



そもそもベアフットランニングって何?


と思われる方もいらっしゃると思います。


これは前回のおさらいですが、基本的には「裸足」でのランニングを指しますが、通常は裸足に近い、とても薄手の5本指が独立している専用のシューズを履いて走ることを、最近では「ベアフットランニング」と呼ぶことが多いと思います。


クッション性の高い最新シューズではなく、なんで、そんな 薄手のシューズで走るのか?


というと、単純に、人間は元々靴なんて履いていなく、裸足で長いあいだ走ってきた動物です。


こんな機能性の高いシューズで走るようになったのはここ100年?くらいのもので、日本でもちょっと前は草履で未舗装の山道を走っていた時代の方がはるかに長かったはずです。


自然への回帰とともに、高機能シューズを履いて走ることによって失われた人間本来の機能を回復させる目的や、あと、ベアフットランニングを推奨している全米の団体では、ベアフットは、ランニング関連の障害を減らせる可能性があるとして、推奨をしています。




今日はこの足に優しそうな「ベアフットランニング」の「固有感覚」について少しお話ししようと思います(^^)

人の足の裏って、けっこう不思議なんですよね(^^)


まず、足の裏をくすぐられると・・・・くすぐったいですよね(^^)


僕も自分の子供の足の裏を「コチョコチョコチょ」と言いながらくすぐった事はなんどもあります。


では、足の裏はそんなに敏感なのか?


確かに脇の下と同様にくすぐるとくすぐったく、他の場所、例えばおへそや腰のあたりを同じようにくすぐってもそんなにくすぐったくはありません。


しかし、そんな敏感そうな足の裏も実は、ある感覚に関しては、かなり鈍感なんです。


それは・・・痛覚です。


もともと足の裏というのは素足でいろいろなところを歩行できるようタフに出来ています。


特に「摩擦」に対しての痛覚の抵抗性はとても高く、痛いと感じる閾値、(痛覚閾値)は、大腿部と比べると600%も大きいそうです。


そんな痛覚閾値がものすごく高い場所なのに、実はとっても敏感という、なんだかよく分からない、一見相い入れなさそうな両方の側面を足の裏は兼ね添えています。


この敏感な方の要素を「感覚のフィードバック」というのですが、ベアフットランニングは、この足の裏からの感覚のフィードバック能力を高める効果があるのです。


足裏からの感覚のフィードバックは、着地の衝撃に対してそれを吸収し、その伝達を減少させる足の内在筋の筋収縮を活性化させます。


鍛錬された足裏は、広い面積にわたって、筋肉が衝撃の圧を分散させて、障害を機能的に防いでくれるのです。


ベアフットランニングとは、シューズが守ってくれるサポート面をあえてなくすことにより、足の筋肉による内部サポート能力を高める働きがあると言えます。


ただし、もちろんいいことばかりではありません。


シュースによる保護がない分、危険な足場や、極端な天候の変化、感染因子から足を守るという点でリスクは高と言えます。


また、シユーズによる、動作制御、安定、衝撃吸収、衝撃分散、グリップの働きが弱いことなどにより生じるデメリットは、ちゃんと頭に入れておかなくてはならないものです。


特に、衝撃吸収に関してはちゃんとした理解が必要です。


シューズによる保護がない分、着地には意識を払う必要があるということです。


つまりベアフット特有の、足の中足から前部での着地による、足首を使った衝撃吸収が大事で、その着地の継続によって、足裏の感覚の向上や、足裏の筋力の向上を安全に図っていくことが可能になります。


この感覚向上を安全に進めるには段階が必要で、まずは安全な柔らかい芝生のような場所で、できるだけ「素足で歩く」ことから始めていきます。


次にやはり柔らかい、安全な芝生のような場所で「走る」ことに慣れます。


最後に「固い足場」(でも安全は確保されている)で走ることにステップアップします。


ランニングスピードを上げて走っても耐えられるようになるまで、足底の皮膚が適応するには、ベアフットランニングを毎日30分実施して3〜4週間かかると言われています。


ぜひ安全にステップアップして、足裏の固有感覚の向上と、足裏の筋力向上を目指してください(^^)


ではでは(^^)

今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
スタッフ向けダイエットセミナー2



はこちらから(^^)
posted by てっちゃん at 00:40| ラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

トレーニングやストレッチで「怪我は治るのか?」

みなさんこんばんは!!!


こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。




本文(^^)


今日はみなさん割と誤解を生んでいるのでは?と思うテーマでお話ししたいと思います。


それは・・・・・


トレーニングやストレッチで「怪我は治るのか?」というテーマです。


今週2件ほどこういう主旨のご質問をいただきました。



一つ目のやりとりは

Q
こんにちは。野上さんに伺っても皆無のことかもしれないのですが、4月1日から左腕が痛くて、自分の体の方に引き寄せるのがとても痛くて同月下旬に整形外科に行ったら肩関節周囲炎みたいなものかなと言われました。リハビリを続けていますが一進一退です。(肩関節周囲炎とは所謂五十肩の様なのですが私はそんな年はいってません(汗))今月頭くらいは調子がよくリハビリも行かなくていいかと思っていたのに少し二の腕の運動を再開したら再発しました。家で出来るストレッチ等ありますか?


A
残念ですが、ストレッチでは治らないと思います。まずは「安静」と「固定」、あとは「痛くない範囲(を探しながら)で稼働させる」ことが最も早く回復できると思います。お大事にしてください。


というものでした。



二つ目は


Q
こんばんは。私は先日のサッカーの試合で足をつってしまいました
そこで質問なのですが、足をつらないようにするトレーニングはどのようにすればいいのでしょうか??



A
トレーニングではなく、水分とミネラルを事前に充分補給しておきましょう(^^)


というものでした。


質問内容は全く違いますが、答えに共通点があるのをお気づきでしょうか?


そう、「トレーニングやストレッチでは治らない」という主旨のことをアドバイスさせていただいています。


これは特に「故障を抱えた」アスリートの方からいただく事の多いパターンのご質問なのですが、かなり誤解を持っている方が多いといつも感じています。


受傷したアスリートは最初、「これくらいの怪我、すぐに治るさ」という、まず楽観的な希望を最初に抱く方多いです。


「願望」と言い換えてもいいと思います。


次に、医師から「安静にしなさい」と指示され、その通りにして、湿布を貼ったり、薬を塗ったり、時には何か照射されたり、マッサージを受けたりします・・・・が、あまり良くなっている感じがしない・・・・


最初にイメージしていたスピードと全く違う、とても遅い回復状況に徐々に焦りを感じる・・・



そのうち、医師に対して不信感を抱き、怒りすら覚えるアスリートも多いです。



やがて、怒りは自分に対する「焦り& 怒り」に変わり、治っていないのにトレーニングしてしまい、さらに故障箇所を痛める・・・



もしくは「何か僕の知らない、医師も知らない特別なストレッチやトレーニング方法があって、それで治るんじゃないか?」という・・・・


・・・・いわば「妄想」・・・・を抱くようになります。


アスリートの選手生命には限りがあり、特に学生スポーツのトップシーズンというのは、儚いくらいに短いです。


治りが遅い場合、そういう気持ちに陥るのは痛いほどよくわかります。


焦るな・・・というにはあまりにも無理がある感情になりますよね・・・


ですが、まず「ストレッチ」や「トレーニング」で故障箇所が「治る」なんていうことは「まずない」と思わなければダメです。


「リハビリ」というのは「けがを治すために行う」ものではない思う方が賢明です。
(ここに誤解がとても多い)


リハビリとは「怪我により低下した筋力や運動能力を、怪我を再発させないように注意深く「戻す」」という作業だと思うべきです。・・・そう「治療」ではないのです!!


確かに、筋肉に原因がある腰痛などは、動いて症状が軽くなることは多いです。


しかし、大抵の怪我は筋肉が固まったために起こる痛み・・・ではないですよね?


打撲、骨折、筋肉の断裂、「腱」が伸びる(捻挫)、軟骨がすり減る・・・いろいろなパターンの痛みがありますが、これらは「ストレッチ」や「筋トレ」では「治療」をすることはできないです。

特にオーバーユースによる痛みなどに対しては、安静は絶対必要条件になります。


「でも焦るんですけど・・・どうすれば?」という方には、僕は「患部以外のところを、患部を痛めないように鍛える」ということと、患部にかんしては「痛みの出ない範囲を探りながら痛みの出ない範囲で動かす」ということをお勧めしています。


肩を痛めているなら、今の内に体幹や足腰を鍛えておく・・・


膝が痛いのなら、今のうち体幹や上半身の筋トレをしておく・・・


瞬間的に力を入れて痛いのなら、他の箇所を使って今のうち「全身持久力」を鍛えておく・・・例えば膝が痛いのなら、水泳をやり込んで心肺持久力を伸ばしておく・・・みたいな感じです。


今のうち「食事のコントロールをして、体重をコントロールしておく」などもそうですよね。


そう、「実は「やれること」は割とあります。


「患部を治す」のは医師の判断にできるだけ委ねて・・・ただしいつも「3人くらいの先生に診てもらっておくといいですよ」と言っています。医師も人間なので(^^; ・・・


患部以外のところにフォーカスを当てていただくだけでも、大分精神的なストレスは軽減されるのではないでしょうか?


トレーニングやストレッチは「万能」ではありません。


正しい認識で怪我と向き合い、治った時にパフォーマンスが戻る・・ではなく、怪我の最中に鍛えた場所のおかげでむしろ以前よりたかいパフォーマンスが出せるように準備をしましょう!!


よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!!!

今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
選挙・・・行った?



はこちらから(^^)
posted by てっちゃん at 00:46| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

「ベアフットランニング」

みなさんこんばんは!!!


こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。


掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。




本文(^^)


今日は、ちょっと変わり種で「ベアフットランニング」というものについて、少しお話をしようと思います。



そもそもベアフットランニングって何?


と思われる方もいらっしゃると思います。


これは、基本的には「裸足」でのランニングを指しますが、通常は裸足に近い、とても薄手の5本指が独立している専用のシューズを履いて走ることを、最近では「ベアフットランニング」と呼ぶことが多いと思います。


クッション性の高い最新シューズではなく、なんで、そんな 薄手のシューズで走るのか?


というと、単純に、人間は元々靴なんて履いていなく、裸足で長いあいだ走ってきた動物です。


こんな機能性の高いシューズで走るようになったのはここ100年?くらいのもので、日本でもちょっと前は草履で未舗装の山道を走っていた時代の方がはるかに長かったはずです。


自然への回帰とともに、高機能シューズを履いて走ることによって失われた人間本来の機能を回復させる目的や、あと、ベアフットランニングを推奨している全米の団体では、ベアフットは、ランニング関連の障害を減らせる可能性があるとして、推奨をしています。


最近フッイトネスクラブでも5本指がそれぞれ独立している薄手のシューズでトレッドミルを走る方も散見されていますね。あうちのジムでも何人か見かけます。


では、実際そんなに違うのか?というのを、ちょっとバイオメカニクス的に話していこうと思います(^^)


まず、ベアフットランニングとシューズランニングと最も大きな差は・・・



「着地」に見られます!!!!


シューズでのランニングの多くが「踵」から着地するのに対し、ベアフットランニングでは「足中央部〜前部」の接地パターンが利用されます。


これはまず「シューズの踵の厚さ」という物理的な問題・・・・要するに踵部が厚ければ自然とそこが着地しやすくなる・・・という点があります。


さらに多くの高機能シューズが「踵の衝撃吸収能力」に注力しているのは、多くのランナーが踵着地であることも起因しています。


それに対してベアフットの場合、そもそもベアフットシューズの踵の衝撃吸収性はノーマルなシューズほど注力して作られてはいません。


構造的に非常に薄い・・もしくは時として本当に「素足」で走るため、その場合、踵にはシューズほどの衝撃吸収能力はありません。


なので「足全体」で衝撃を逃しながら着地をするか、足の前部から着地して足首のクッションを利用して衝撃を吸収するような走りに自然となりやすいのです。


試しに、体育館などで素足で思いっきりダッシュすると、自然と足の前で着地しながら走るようなフォームになるはずです。


この結果どうなるのかというと、ベアフットランニングの場合、


※ストライドの長さは短く・・・なり、


※ピッチの頻度は自然と増加する


傾向になります。



そしてそれらの変化が身体にどのような影響を及ぼすのか?ですが・・・


まずベアフットランニングの場合、「足中央部〜前部」で着地をするため、足裏の筋肉の予備緊張が高まります。



また、ふくらはぎの筋肉(腓腹筋・ヒラメ筋)の予備緊張もノーマルのランニングよりは高まり、着地の衝撃を吸収します。


実際にシューズのランニングよりベアフットランニングでは股関節と膝間接、足間接のピークトルクが低下することが報告されています。


まあ、一歩一歩の「足全体にかかる負荷」が軽くなるという感覚で捉えていただいていいと思います。


これには要因があり、「ストライドが短く」「ビッチが増える」ことによって、重心の垂直変位制動衝撃、および瞬間的な衝撃力を減少させます。


簡単に言うと、一歩が短くなったことで、縦方向にジャンブする距離も短くなり、結果衝撃が少ない・・・・みたいな感じですね(^^)


また、ストライドが短くなったとしてねそれが10%未満である場合は、代謝コスト・・・つまりランニングに必要なエネルギーを変化させることがあまりないので、効率的に耐衝撃能力を向上させられると言えます。




ではでは(^^)



今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
7月7日とiPhone7


はこちらから(^^)
posted by てっちゃん at 00:57| ラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする