2016年07月03日

「前腕」について

みなさんこんばんは!!!


こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。


掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。




本文(^^)


みなさんこんばんは!!


今日は「前腕」についてお話ししようと思います。


前腕・・・・・肘から先、手首までの腕ですね(^^)


ここ・・・鍛えている方とそうでもない方が両極端に分かれる所だと思います。


前腕・・・鍛えると何かいいことがあるのか?ですが・・・・



まず、「握力」に関しては「前腕の太さ」が何よりものをいいます。


また一般に言われる「手首の強さ」に関しても前腕の太さがものをいいますね(^^)


この二つの能力が高いとスポーツではどんな効能があるのでしょうか?


まず、組み技系の格闘技では、握力が強い方がやはり有利に働きます。


相手の着衣をつかんで相手をコントロールするときに、握力が弱いとどうしても着衣を握りきれなかったりするからです。


ボルダリングは・・・・握力命ですね(^^;


また手首が強いということ、手首を大きく使うスポーツには大きく役立ちます。



野球、ゴルフ、テニス、バスケ、バレー・・・・



すべて手首を大きく使うスポーツで、手首が強いと、ボールをリリースするときのスナップの強さが増します。



球速を増したい!!と思う時は、やはり最後のボールをリリースするときというのは非常に大事な局面になります。


ここだけでかなり球速を左右しかねない部分でもありますので是非前腕を鍛えておくことは大事と言えます。


そして、「ここまで」は、まあ誰でもある程度想像はつくことだと思うのですが・・・



ここから先の「副次的な効能」に関しては、あまり知られていないと思いますので、触れていきたいと思います。



「前腕が太いことの利点」に関しては、何も握力が強いとか、手首が強いということだけにとどまらないのです。


ではどんな効能があるのかというと・・・・


「質量」です。


?????と思う方も多いと思いますが(^^;


要するに「前腕が太い」ということは、「肘から先の腕の重量が重い」ということになります。


重量が重いということはメリットとでめりっとがあります。



重量が重いと「加速がしづらい」というデメリットを生み出します。


そして、重量が重いと、「ぶつかった時のパワー」が上がることになります。


どういうことかというと、簡単に例えれば、同じスピードでぶつかっても、軽自動車とダンプでは、「破壊力」が違うということです。



つまり格闘技で言えば、「パンチ力が上がる」というメリットが生まれます。


テニスや、野球、バレー、ゴルフのように「ボールを打つ」動作の場合、前腕の質量の分ボールをヒットした時の「インパクト時のパワー」が上がります。



そう、同じスイングスピードでバットを振って、バットの同じポイントに当たったとしても、ボールの飛距離は、前腕が太い方が遠くに飛ばせるのです。


「でも加速しづらいんじゃ・・・」なんて思う方もいるかもですが、あまりその心配も実は入りません。


なぜなら、このようなケースはほとんどの場合「腕をスイング」していると思います。


そしてスイング動作の大半は「肘を折りたたんで」動作をしています。


腕を伸ばしたままいわゆる「ドアスイング」のようにしてしまうと確かに支点より遠いところに質量があるとかなり加速しづらくなります。



しかし、腕を折りたたんで重量物を支点に近いところに置きスイングをする分には途中までの加速にはほとんど影響を与えません。



ある程度勢いの乗ったところで肘をリリースすれば、前腕は「カタパルトに乗った飛行機」のように猛烈に加速します。


ある程度勢いに乗ってしまえばあとは「前腕の質量」がものをいう場面は決して少なくありません。



太い腕をした外国人ゴルファーが深いラフも物ともせずボールを打てるのは、クラブの重量とスイングスピードは同じでも、そこについている「前腕の質量」と「前腕のパワー」を活かせるからなんです。


では前腕のトレーニングはどうすれば?、ということなんですが、一般的には「リストカール」「リバースリストカール」というバーベルやダンベルをもって、前腕をベンチ台の上に置き、手首を上下に稼働させるエクササイズが基本になります。


もう一つ僕が勧めているのは、「デッドリフト」や「ラットプルダウン」「ベントオーバーローイング」などのバーベルなどを握って行うエクササイズをできるだけ重い重量で行うようにしていただくと、やっている方なら分かると思いますが、かなり前腕にも効いてくるんです。


なので、「前腕をやる場合、トレーニングのどこといっしょにやったらいいですか?」というご質問には「背中の日」にいっしょにやるようにしましょう!!と答えています。


前腕も他の筋肉と同様軽い重さでやるよりはある程度の負荷をかけて行ったほうが太くなりやすいので、よくある柔らかいゴムボールを何十回も握ったりするようなトレーニングよりは、上記の方法をお勧めしています。



なかなか、フォーカスされづらい「前腕」ですが、スポーツによってはかなり大事な部分でもあります。



よろしければご参考にしてください(^^)




ではでは!!!!




今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
CDレンタルからのいつもの作業(^^)


はこちらから(^^)
posted by てっちゃん at 00:10| ガチ筋トレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする