2016年07月07日

「低炭水化物・低糖質・低インスリンダイエット・・・のそれぞれの違いについて」

みなさんこんばんは!!!


こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。


掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。




本文(^^)



みなさんこんばんは!



今日のテーマは「ダイエット」「低炭水化物・低糖質・低インスリンダイエット・・・のそれぞれの違いについて」というテーマでお届けしようと思います。



最近なんとなく、ダイエットの番組でこれらの単語を聞いたことがある・・・



けど、それぞれの違いがなんだかよくわかんない!!!!


なんて方多いのではないでしょうか?(^^;


まあ、いっぱいダイエット法ありますよね。


今日は一応上記に挙げたもののの違いについて、ちょっと整理しようかなと思います。


まず、「低炭水化物ダイエット」と「低糖質ダイエット」って違うの?


というところからなんですが・・・・


前提知識として、「炭水化物」とは、体内で主に「糖質」に変化してエネルギーとして使われるエネルギーなのです。


じゃあ同じじゃん!!!!と思われるかもですが、微妙に違うんです。


炭水化物は、確かに「糖」として働くのですが、炭水化物とは正確には「糖」+「食物繊維」なのです。



食物繊維は血糖値の上昇を抑えて腸内環境を整える役割を持っています。



なので、同じ「糖」をカットするのならまず「低糖質ダイエット」を行い、それでも脂肪の減りに効果が今一つ・・・というときに、低炭水化物ダイエットに移行するべきなのです。


「低糖質ダイエット」とは、その名の通り「糖」を低く抑えるダイエットです。


つまり「甘いもの」の摂取を抑えることから始めるダイエットだと思っていただければ分かりやすいと思います。


低炭水化物ダイエットはかのライザップでもやっていますが、野菜にも糖質がたくさん含まれているものがあり、それらも「全てカット」するダイエットなので、低糖質ダイエットよりもさらにハードに管理しなければならないダイエットと言えます。



では「低インスリンダイエット」とはなんでしょう?


これは、「食後血糖値」というものが考え方のベースにあります。


食事をすると血の中の糖の値が上昇します。


健康診断などで血を採取して測る場合、必ず「今朝は食事をしたのか?」「食後どれくらい経っているのか?」を聞かれるのはこのためです。


そして、食品によってこの食後の血糖値が上がりやすいもの、上がりづらいものとがあるのです。



この食後に血糖値が上がるスコアは「GI値」と言います。


このGI値が低いものを中心に食べれば、血糖値の急な上昇が抑えられるのでダイエットにとても有利である・・・・・



これで低インスリンダイエットの元となる考え方です。



このダイエットは僕もかなりお客様にすすめていますが、一つ欠点があります。


何かというと、いくら低GI値と言っても、たくさん食べれば結局血糖値は上昇しやすい・・・


という、いわば当たり前といえば当たり前のことが起こるので、そこは気をつけなければなりません(^^)


なので、GI値の低いものと、それらの糖質の含まれている「量」を両方頭に入れて実践するのが、最も効率的とも言えます。


GI値に関しては、このまま検索すればいくらでもサンプルの食品とそのスコアが出てきます。



色々なグラフができきますので是非自分自身の見やすいグラフをお気に入りにしておきましょう(^^)



次回は、さらに、グルテンフリー、そして、レジスタントスターチというものについて少しお話しします。



お楽しみに(^^)



ではでは!!!!


今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
マーケティング用DM



はこちらから(^^)
posted by てっちゃん at 00:31| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする