2016年07月19日

「スポーツ選手にはめっちゃ大事!!!「股関節前部」を動かせるようにしよう!!!」

みなさんこんばんは!!!


こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。




本文(^^)


今日は「スポーツ選手にはめっちゃ大事!!!「股関節前部」を動かせるようにしよう!!!」というテーマでお届けしようと思います(^^)


股関節前部・・・・・・意識されていますか?(^^)


ここって他の関節とは少し違った感じで筋肉が付いているんです。


どういうことかというと、例えば股関節後部・・・・いわゆる「お尻」ですが、走ったり歩いたりするときにのように股関節(太ももの骨)を後ろ側に動かす(股関節の伸展という)場合は、お尻の筋肉が収縮して動きます。


肩関節であれば、腕を前に伸ばしていくような動作では、「胸の筋肉」が、腕を後ろに引くような動作では「背中の筋肉」(肩甲骨周り)が収縮します。


体幹を曲げていく時は、「お腹の筋肉」が、逆に腰を反らすような動作では腰の筋肉が収縮しますよね?


そう、色々な関節を動かす時は必ず筋肉が収縮するもんなんです。


そして、いわゆる「アウターマッスル」と言われている外側の筋肉が、比較的わかりやすい感じでその関節の周辺についていて、その収縮がこれがまた割とわかったりやすかったりするので、その筋肉を鍛えれば、その関節の動きが速くなったり力強くなったりするんだな・・・・



と、一般の方でも簡単に想像できやすいと思うのですが・・・・



股関節の前部って・・・筋肉あります?


一般に言われている大腿四頭筋という太ももの前の筋肉の付着部がその辺だったりしますが、なんかとてもわかりづらいですし、そもそも筋肉ある感じ自体しませんよね(^^;


そう、股関節の前・・・つまり働きとしては「足を上げる筋肉」は、股関節の前部のアウターにはないんです。

腸腰筋と言って、「骨盤の中」を通って太もも(しかも内側)の骨に付着しています。


関節の外側を通って動かしている感じの筋肉ではないので、関節を力強く動かすにはちょっと不向きな感じにくっついている筋肉とも言えます。


スクワットやジャンプトレーニングでお尻の筋肉を色々鍛えることは、足を後方に蹴る動作を力強くさせたり、す速く動かせたりするためにはとても大事なトレーニングです。


しかし、スポーツシーンでは、足は後方に蹴りっぱなしではなく、必ず「前に振り戻し」ますよね(^^)


しかも、実はまっすぐだけでなく「色々な方向に振り上げる」ことの方が多くないですか?


球技であれば、「足を色々な方向に素早く振り上げる」能力が「一歩目」の動きの質に直結すると言っても過言ではありません。


そして、実は加齢とともに最も力が弱くなり、さらに固くなりやすいのがこの「股関節前部」だったりするんです。


加齢とともに転倒&寝たきりになる方の急増が問題になっているのは、この「足を上げる筋肉が弱くなりやすい」ことが原因でもあります。


今日はまず、この股関節前部の筋トレ・・・というよりは、まず「ちゃんとした可動」ができるような、コンディショニング系のエクササイズをいくつかご紹介したいと思います。



その1
サイドランジトゥフロントランジ


まずは足を横に大きく踏み出します。

体重も「ぐっ」と踏み込んだ足に乗せましょう。


この時踏み込んだ足の角度が床と垂直になるくらい重心を踏み込んだ足の方向に移動します。


次にそのまま踏み込んだ足の方向に体の向きを回転させます。


足の方向に体がむいたら後ろ足の膝が床につくくらい「ぐっ」と腰をおろしましょう(^^)
(実際は回転させながらおろしていけるようになるとさらに良い)


おろしたら、今度はその「反対の順番」で体が正面を向くように動作していきます。


股関節を中心に身体を回転させながら色々な方向への動きに慣れさせましょぅ!!!


20回左右合わせて20回を目安に行いましょう(^^)



その2
ランジツイスト

足を前方に大きく踏みこんで、後ろ足の膝が床につくように腰を深くおろします。


踏み込んだ足と同じ側の手を上にあげます。


そのまま、挙げた腕と反対方向に上半身を倒して体側を伸ばします。


腕を上げて体側を伸ばした時に、後ろ脚側の股関節を「ぐっ」と伸ばすことを意識して、固くなりやすい股関節前部の柔軟性を向上させましょう(^^)


左右それぞれ20回わ目安に行います。



その3
ニートゥーエルボー

立って頂いて、片腕を上げます。


同時にあげた腕と反対側の足を床から離して横に上げます。


そこからあげた腕の肘と、あげた足の膝を身体の前でつけるようにします!!!


パランスを取りつつ、上半身と体幹を連動させながら、股関節前部が稼動できるように鍛えてあげましょう(^^)


これも左右20回を目安に行ってください。



固くなりやすかったり、動かしていないと弱くなりやすい「股関節前部」ですが、色々普段から刺激してあげて、「大きく」「機能的」に動かしてあげられるよう、トレーニングしてください(^^)


ではでは!!!!

今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
繁忙期!!!


はこちらから(^^)
posted by てっちゃん at 00:26| 体幹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする