2016年07月22日

「足裏の歪みをいろいろケアしてみよう!!」

みなさんこんばんは!!!


こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。




本文(^^)


今日は「足裏の歪みをいろいろケアしてみよう!!」というテーマでお届けしたいと思いすま。


足の裏・・・・なんとなく大事そうなのはわかっているんだけど・・・


こないだ足裏マッサージしたらめっちゃ痛かったんだけど・・・・


私実は扁平足で悩んでいるんです・・・・


などなど・・・・


足の裏・・・・


どことなく神秘的ですよね(^^)


しかし、いまひとつよくわかんない・・・


そんな方も多いのではないでしょうか?


今日はそんな足裏の「歪み」についてのケアを幾つかご紹介したいと思います。


まず、足裏をテーマにする度に書いていますが、足の裏には「3つのアーチ」があります。


かかとから親指の付け根に渡って伸びている、いわゆる「土踏まず」と言われるアーチですね。


実はかかとから「小指の付け根」に渡っても、同じようなアーチがあります。


土踏まずほど大きくカーブしていないので、我と地味ですがこちらのアーチも大事なのです。


あとは「小指の付け根」から「親指の付け根」に渡っても同じようにアーチがあります。


「足裏の歪み」とは、この3つのアーチのバランスが悪くなっていることを指していると思っていただいてほぼOKだと思います。


扁平足とは「土踏まず」のアーチが潰れて平らになってしまっている状態のことを言いますよね(^^)


この足裏のアーチのバランスが悪くなる原因はいろいろありますが、大抵の「歪み」の原因は筋肉が「硬くなる」か「弱くなる」ことが原因です。


今日はまず「硬くなっている」場合のケアをご紹介いたします。


あぐらをかいて座って、まず片方の「足の親指」をがっしりと掴みましょう!!!


そのまま足でじゃんけんの「グー」をする方向に足の親指をぐっと曲げてみましょう!!!


次はそのまま逆です。じゃんけんのパーをするように足の親指を大きく開きましょう!!


結構大きめに、ダイナミックに動かすようにしてください!!


これを10回ほど繰り返し行っていただきます。


次は、この親指を大きく「回しましょう!!」


右に10回大きく回したら反対の左も大きく10回、回します。


これは「浮き指」と言われる、足の親指で地面をしっかり踏ん張れない現代人にとても多い症状を改善させるマッサージです。足の指を大きく稼動させてあげて固くなっている親指周辺の筋肉をほぐしてあげます(^^)



次に足裏マッサージです。


足の裏の真ん中を、かかとから爪先の方に、両方の腕の親指で押して行ってあげます。


足裏の筋肉はかかとから爪先の方向に走っているのでその方向にマッサージして行ってあげます。


3つのアーチの中央部分をぐっと押してあげて、アーチをしっかり保てるようにしてあげます(^^)



次に足の指を「つまみます!!」


そのまま先端方向に手を滑らすようにしながら「すっぽ抜いて」ください!!!!


多少強めに行っていいただいてもOKですよ(^^)



マッサージの最後は「足の甲」です。


足首から指の一本一本に骨が走っていると思いますが、その「骨と骨の間」をやはり両手の親指で押していきましょう。


これも足首から指の方に向かって押していきます。



指の付け根のを広げるように行ってください。


足の裏だけではなく、「足の甲」も柔軟性を保ってあげましょう!!



最後はストレッチです!!!


爪先立ちでしゃがみます!!


次に両膝を床につけましょう!!


そのまま身体の後ろに倒して両手を後ろについて体を支えてください。


呼吸を止めないで30秒キープです!!!


足裏の筋肉をぐっと伸ばしてあげましょう。



筋肉が固くなることはそのまま「歪み」に直結するパターンが多いものです。


自宅でできるケアばかりですので是非普段あまり気にすることの少ない「足の裏」のコンディショニングを整えてあげてくださいね(^^)


ではでは!!!!

今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
もう一つのマイブーム!!!



はこちらから(^^)

posted by てっちゃん at 00:13| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする