2016年08月28日

「球技での加速を上げるトレーニングを幾つかご紹介」

みなさんこんばんは!!!


こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。



本文(^^)


今日は、「球技での加速を上げるトレーニングを幾つかご紹介」というテーマでお届けしたいと思います。


この場合の球技というのは「サッカー・バスケ・テニス・バレー・ラグビー」のような「多方向にダッシュする」スポーツのことを述べさせていただきます。


これらの各球技では、走る方向、そして加速しなければならない方向は多岐にわたります。


陸上競技と違うのは、陸上の一番短い短距離である100m走よりもさらに短い距離を走る点です。


しかも多くの場合、加速するだけでなく「素早くとまる」ことも重要になってきます。


この「球技の加速力」を上げるためには、どのようなトレーニングがいいのか?ですが・・



前回は「筋トレ」について色々とお話ししました。


まず、大切な基本なのですが、筋トレには「基礎の筋トレ」と「競技的特異性に合わせた筋トレ」があります。


基礎の筋トレはスクワット、競技的特異性に合わせた筋トレは、この場合、多方向のランジと、多方向のジャンプトレーニングです。


今日はさらにまた別のトレーニング法をご紹介したいと思います






まず、今日使用するのは「メディシンボール」もしくは「砂袋」です。


要するに「投げても大丈夫なそこそこ重い重量物」を使用します。


このメディシンボールをバスケットボールのチェストパスのように胸の前に構えていただきます。


両膝は曲げて腰を下ろして構えます。


このまま・・・・前方にメディシンボールをチェストパス「しながら」ダッシュです!!!


腕でパスするというよりは、全身で身体を進行方向に傾けながら(倒れこみながら)できるだけ遠くにメディシンボールをチェストパス&ダッシュです!!


ダッシュの距離は3〜5mくらいで十分です!!!



まず前方にチェストパス&ダッシュになれたら・・・・・


パスする方向を変えます!!!!!!!!


つまり、斜め前にチェストパス&その方向にダッシュ!!!


横に身体をひねりながら横にチェストパス&ダッシュ


さらに横どころか、斜め後ろまで身体を捻り、その方向にチェストパス&ダッシュ


最後に真後ろまで身体を捻りチェストパス&ダッシュ・・・・です!!!


最初の構えは同じです。


パスする方向に身体を倒しながら全身でできるだけ遠くにパスするのも各方向同じです。


※ できるだけ速く!!!


※ できるだけ遠くに!!!


これが注意ポイントですね(^^)


できれば外で思いっきり動作してもらいたいので、メディシンボールよりは、砂を入れた袋(農家で使うような物)を用意された方がいいと思います。


そして、最初は軽めに砂を入れ、トレーニングが進んでいくうちに、徐々に重くしていくと良いと思います。


また、変化のつけ方として、最初の構えを「胸の前」から、「地面に置いて」そこから、ラグビーのパスのようにアンダーハンドパス&ダッシュという方法もあります。


もしくは、頭の上に構えて、サッカーのオーバーハンドでのスローイン&ダッシュという方法もあります。


それぞれ瞬間的に動作&ダッシュを多方向に行うトレーニングで、多方向への加速力・・・特に最初の第一歩目の爆発力を養うようにしてください(^^)


次回もまだまだこのテーマでお届けします(^^)



ぜひお楽しみに(^^)



ではでは(^^)


今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
休みの日だったのですが・・・・



はこちらから(^^)
posted by てっちゃん at 00:28| ジャンプ、スピード、アジリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする