2016年09月03日

目をつぶって足踏みしたら・・後ろにずれてっちゃう・・・(^^; という方へ

以前「目をつぶって、その場で足踏みしてわかる「身体の歪み」」について、というテーマでお届けいたしました(^^)


その場で「目をつぶって」「足踏み」を50歩ほどして「どこに」に動いていてしまったか?で身体の歪みを知るという記事でした(^)


この「どこ」に動いたかによって、自分の身体の歪み方がわかるケースがあるのですが、まずずれるとしら


※ 前方 ※ 後方 ※ 側方 の他にも ※ 斜め前※ 斜め後ろなんてケースもあるでしょう。


盛大にずれてしまった・・・という方も多いのではないでしょうか?(^^;


今日は、そのズレた方向別の対処策をご紹介したいと思います。


前回はまず基本の「前へのずれ」についての対処策をご紹介しましたが、今日は「「後ろにずれてっちゃった」という場合の対処策をご紹介したいと思います(^^)


まずこのテストの基本的な考え方として、ズレた方に「骨盤が傾いている」ケースが考えられます。

つまり、後ろに行ってしまう方は、重心が後ろ・・・つまり「お尻が落ちている」・・・つまり骨盤が後ろ側に傾いているということですね(^^;





そして「足踏みしていったら「後ろ」にずれていっちゃう!!という方の対処ですが・・・・


この場合、「硬くなっている筋肉」は「太ももの後ろの筋肉(ハムストリングス)」が考えられます。


ハムストリングスが硬いと、骨盤の後ろ側を下に引っ張ります。


そうすると骨盤が後ろ下がりになり、重心が後ろに傾きがちになり、足踏みすると後ろにずれていくという現象が起きます。


この場合のストレッチは、みなさん誰もが一回はしたことがあるでしょう。


「長座体前屈」系ストレッチ・・・いわゆる、足を伸ばして座り、前屈する系のストレッチです。

まあ、これが最も手軽で簡単だと思います(^^)


この時の注意ポイントなのですが、よく長座体前屈系のストレッチをするときに、つま先を伸ばしてしまう方が多いのですが、これはダメです!


できるだけつま先を反らして、前屈するようにしてください
(でないとハムストリングスが十分に伸びない)



また、割と僕がオススメしているストレッチは、片足を少し高い台や、階段のようなところに乗せて、前屈して片足のハムストリングだけをストレッチする方法です。


この時の注意ポイントは、「軸足」です。


伸ばして行うのはもちろんの事、さらに軸足のつま先の方向を「開く」方が圧倒的に多いですが、これを頑張って「まっすぐ前」に向けます!!



いきなりしんどくなると思いますが・・・(^^; 頑張りましょう!!!!



あと、体幹周りの筋肉が「弱い」方も、その筋肉の弱さを背中の「張力」で支えようとして、腰を落とし、背中を丸めて(伸ばして)その姿勢を支えようとします。
(この場合もやっばりお尻が落ちる)


この場合「体幹」と表現したのは、割と体幹の「前」も「後ろ」も「横」も弱い方がこのパターンに陥りやすいです。



前回、腰が硬いと骨盤の後ろを引き上げると言いましたが、では腹筋が硬い・・・つまり鍛え上げられていると骨盤の前が引き上げられ、骨盤後傾が起こるのか?というと、そのパターンはまずないでしょう(^^;


むしろ「弱い」がゆえに姿勢が崩れ、重心が後ろに行ってしまっている・・・というパターンの方が圧倒的に多いとおもいます。


また弱い部分で言えば「太ももの前」に関しては弱いケースが考えられます。


すると骨盤の前部を下に引き下げる力が弱いということにもつながるので、太ももの前の筋トレも必要になります。


ジムなどにかよっている方はレッグエクステンションというマシンがあればそれで対応できます。



自宅などでは、・・・・スクワットでしょう(^^)



スクワットはお尻やハムストリングも鍛えますが、太ももの前も鍛えるので、下半身を自宅で鍛えたいという場合は、太ももの前を鍛えたい場合も、後ろを鍛えたい場合も、その手軽さからファーストチョイスになります(^^)


次回は「斜め前にいっちゃった」という場合の対処策をご紹介したいと思います(^^)



ぜひお楽しみに!!!


ではでは!!!!




今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
K-1 クラッシュ!!!


はこちらから(^^)



PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


僕のTwitterアカウント
 総合情報アカウント    @kireiniyaseru_n
 ダイエット情報アカウント @kireiniyaserun
 筋トレ情報アカウント   @kireiniyaseru_1
posted by てっちゃん at 00:12| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする