2016年09月18日

「セルフ筋膜リリース」

今日は「セルフ筋膜リリース」というテーマでお届けしたいと思います。


筋膜?・・・って何? という方も多いとおもいます。


筋肉というのは「筋膜」という「膜」で覆われているんです。


んで、その膜が何? 何と関係するの? ・・・と思われますよね(^^;


実はこの筋膜、筋肉がガチガチに固まると、筋膜も硬くなったりして、コリや痛みを助長させてしまうのです。


よく、筋膜は布に例えられます。


布は大抵、縦糸と横糸が交互に絡んでできていますよね。


この縦糸と横糸が綺麗に交互に綺麗に絡んでいれば布もまっすぐピンとなっていると思います。


筋膜が固まっている状態とは、言うなればこの糸がほつれているというか、絡んでしまっている状態だと思ってください。


そうなると布もその部分がよれてしまう感じになると思います。


そのよれている布を、絡んでいる部分をほぐしてピンとした状態にする・・・


これをかなりざっくりな説明ですが、「筋膜リリース」と言います。


なんか難しそうなことするんじゃない?と思われるかもです。


確かに専門家の方々はとても高度な施術をされる方多いです。


しかし、そんな専門家近くにいない、とか、そういうところに通うほどでもない・・・という方も多いとおもいます。


そこでシンプルに自宅で、ある程度できる簡易なものを今日はご紹介いたします。


まず、この筋膜リリースを自宅で手軽に行うために「テニスボール」を使ってみたいと思います!!!!
 (なければ野球のボールでもOK)


まず、椅子を用意します。


そして、座面にテニスボールを2個おきます。


太ももの裏にテニスボールを当てるようにして座ります。


これだけです(^^)


本当は筋繊維の方向を考えてゆっくりと、いろいろな方向に動いてあげるといいのですが、まあ、自宅で簡易でということであれば、これでもいいのではないかと思います。


慣れてきたら少しずつ、この場合、基本足の縦方向に移動しながら、さらにいろいろ動いて、少し広い範囲に圧をかけてあげましょう。


そしてポイントは、「深呼吸」です。


筋膜リリースは「リラックス」しなければ意味がありません。


硬くなってしまった部分を「圧」をかけて「リラックス」して、「緩めてあげよう」という手法なので、深呼吸を通してリラックスすることはとても大切です。


専門家はもちろん手で圧をかけるのですが、この圧が割と深い(おそらく特殊なやり方をしている)ところまでかける必要があるので、一般の方が自宅で手軽に行いたいという場合は、テニスボールや野球のボールを使う方がいいでしょう。


もし余裕がある方は、フォームローラーという、ポールを短くしたものや、家にポールストレッチ用のポールがある方は、それでも構いませんのでそれを使った方がいいです。


先ほどは手で圧をかけにくいハムストリングスのリリースをご紹介しましたが、次はやっばり自分では圧をかけにくい、「背中」「腰」についてのご紹介です。


と言っても超簡単なので気が引けますが・・・・(^^;



テニスボールを2個床に置きます。


そこに腰を当てて仰向けで寝ます。


・・・・これだけです(^^;・・・ははは・・・(^^;



できれば椅子に両足をかけて行うと、腰が反りにくいのでより効果が上がります。



背中の場合、背中に当てる場所は肩甲骨の下あたりにボールが当たるようにして寝ましょう(^^)


両手は胸の前で組んで、深呼吸しながらリラックスするのを忘れないようにしてください。


最後は、これまた自分では圧をかけにくい「太ももの外側」です。


床にテニスボールを1個おき、太ももの外側にボールを当てて横に寝ます。


痛い場合は、肘などをついて圧力をコントロールしましょう。


フォームローラーや、ポールがある方は、前述したテニスボールを当てた場所に、ポールなどを、「布にアイロンをかけていくような」イメージで筋肉を「ゆっくり」と「ならすように」圧を広い範囲でかけていきます。


するとどこかとても痛いところ(トリガーポイントという)があります。


そこをテニスボールなどでピンポイントで圧をかけるという手順がオススメです(^^)


今日ご紹介したのは、あくまで「簡易」な方法で、専門家の方に見てもらえるのならそれに越したことはありませんし、むしろその方がオススメです。


しかし、専門家も「どのような人がいいかわからない」という方がほとんどでしょう。


そういう場合のためにも、自宅でフォームローラーやテニスボールなどを使って、セルフで実施しておくことは大事だと思います。


それら「セルフ」で行った場合の、身体の改善具合と、専門家に診てもらった場合の改善具合とを比べてみるのです。


あまりセルフでやっているのと変わらない・・・ということであれば、その先生は自分に合っていないと判断できると思います。


いや、見てもらったらセルフでやった時より明らかに良くなった!!!ということであればその先生は自分に合っていると言えると思います。


自分の中に、そう言った「ものさし」を作る意味でもセルフでの簡易筋膜リリース・・・


よろしかったらチャレンジしてみてはいかがでしょうか?(^^)


ではでは!


今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
コンペと睡眠リズムと・・・・



はこちらから(^^)




PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


僕のTwitterアカウント
 総合情報アカウント    @kireiniyaseru_n
 ダイエット情報アカウント @kireiniyaserun
 筋トレ情報アカウント   @kireiniyaseru_1
posted by てっちゃん at 00:15| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする