2016年09月19日

目をつぶって足踏みしていき、目を開けたら身体の向きがまわっていた(^^; という方への対処方をご紹介(^^)

今日は「歪み」をテーマにお届けいたしております


以前「目をつぶって、その場で足踏みしてわかる「身体の歪み」」について、というテーマでお届けいたしました(^^)


その場で「目をつぶって」「足踏み」を50歩ほどして「どこに」に動いていてしまったか?で身体の歪みを知るという記事でした(^)


この「どこ」に動いたかによって、自分の身体の歪み方がわかるケースがあるのですが、まずずれるとしら


※ 前方 ※ 後方 ※ 側方 の他にも ※ 斜め前※ 斜め後ろなんてケースもあるでしょう


盛大にずれてしまった・・・という方も多いのではないでしょうか?(^^;


今日は、そのズレた方向別の対処策のご紹介ですが・・・・


前回は「足踏みしていったら「斜め前にいっちゃった」という場合の対処」の、そちらに骨盤が「傾いている」場合の対処についてご紹介しました。


今日は、骨盤が、「回ってしまっている(ねじれてしまっている)ケースについてお話ししたいと思います。


その場で目をつぶって足踏みしたら、身体が盛大に左右どちらかに回ってしまった・・・


そんな方も多いのではないでしょうか?


これは、足の片方が回った方に「開いてしまっている」ということが考えられるんです。


このチェックは簡単で、まず足を伸ばして仰向けで寝ていただきます。


この時に、つま先の開き方が左右で違うかどうかをチェックします。


開いている方があれば、そちらに回ってしまう可能性が高いです。


では、これを改善するにはどうすればいいか?ですが・・・



つま先の開いている方の足のお尻の筋肉・・・・



正確には、「中臀筋」と「梨状筋」というのですが、これらの筋肉が「硬い」ことが原因で起こっている可能性が高いです。


えっ、お尻って「大臀筋」って言葉はよく聞くけど、中臀筋とか梨状筋って何? と思われる方もいると思います。


まず、中臀筋は簡単に言うと「骨盤の外側」「お尻の外側」のやや上の方についている筋肉です。


梨状筋はちょっと難しくてお尻の奥の方についている筋肉といえばいいでしょうか。


お尻が「ブリッ」とカーブしている部分の大半は大臀筋ですが、その大臀筋を「パカッ」と取ると、その奥に梨状筋という筋肉が現れます。


両方の筋肉とも、「つま先を外に開く」作用のある筋肉です。


これらの筋肉が硬くなっていると、つま先を開く作用が強くなってしまうのです。


なので、この二つの筋肉をストレッチして硬さを解いてあげることが大事ですね(^^)


まず、梨状筋のストレッチですが、簡単なのは、まずイスに座ります。


足を組むようにして、片足のくるぶしをもう片方の足の膝の上に置きます。


組んでいる上の足の膝を外に大きく開きます。


そのまま「前屈」です!!!


背筋を伸ばして、股関節から45度くらいの角度で20秒くらいキープするようにしましょう(^^)



中臀筋のストレッチとして最も簡単なのは、立っていただき骨盤に手を当てます。


そのまま骨盤を横にスライドして静止です。


正面から見て、体が「くの字」になっていると思いますがそれでOKです。


上半身が前かがみになったりしないように気をつけて下さい。


できるだけ大きくスライドさせたところでやはり20秒ほど静止しましょう(^^)



両方とも手軽にできるストレッチだと思いますので、「盛大に身体が回ってしまった」方は是非ご参考にしてください(^^)


ではでは!!!



今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
アジャストベンチトレーニングしてみた!!(^^)



はこちらから(^^)



PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


僕のTwitterアカウント
 総合情報アカウント    @kireiniyaseru_n
 ダイエット情報アカウント @kireiniyaserun
 筋トレ情報アカウント   @kireiniyaseru_1
posted by てっちゃん at 00:18| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする