2016年09月25日

「みんな大好き!! カレーの疲労快復効果」について

今日は「みんな大好き!! カレーの疲労快復効果」について、というテーマでお届けさせていただきたいと思います。


カレー・・・・嫌いな人はいないでしょうか?


・・・・ここに一人いますが・・・(^^;


はい、僕カレー嫌いです(^^; というか嫌いになってしまったという方が正しいですが(^^;


昔これスタッフ室で行ったら全員にドン引きされました(^^;


まあ、そんなことはどうでもいいのですが、大抵の方が好きなカレー・・・・


いろいろなスパイスが入っています!!


このスパイスにはいろいろな疲労回復の効果があったりします。


今日はそれらの効果をいろいろとご紹介しようかなと思います。


まずは、カレーに入っているスパイスとして代表的な「ターメリック」です。


これ・・・・・ウコンのことなんです(^^)


ウコンと言えば・・・そう、肝機能ですよね。
(僕も度々お世話になっております!!! 本当に効果を感じる!!)



肝臓の働きを改善、強化させるとともに、抗酸化作用、殺菌作用を持つ非常に効果の高いスパイスです。


カレーが黄色っぽいのはこのターメリックのせいなんです。


飲み会の締めはラーメン・・ではなくカレーだと二日酔い対策になるかもしれませんね(^^)




次の代表的スパイスは、ガーリック・・・


言わずと知れたガーリック・・ニンニクです(^^)


ビタミンB1とともに、糖質の代謝を促進させるアリシンを多く含んでいます。


疲れた時は甘いものを・・・は糖質の補給を意味しますが、その糖質の代謝を促進させるので、やはり「スタミナ」と銘打たられ料理には必ず入っているのもうなずけます。



ただし、殺菌作用が強く、悪玉菌だけでなく、善玉菌も殺してしまうので、取りすぎには注意です!!!



次にご紹介するスパイスは・・・チリペッパーです。


はい・・唐辛子ですね(^^;


カプサイシンにより、体温の上昇を促し、発汗を促進します。


よく、辛いものチャレンジなどで唐辛子がたっぷり入ったものをタレントさんが食べると大汗をかくのは、このカプサイシンが原因です。


その辛さゆえに胃液を分泌させ、食欲の増進にもつながります!!!


また、体温の上昇効果から、「女性の冷え」対策にも有効です!!!


女性が辛いものが好きな理由がこんなところにもあるかもですね(^^)



次のスパイスはコリアンダーです。

この葉は、中国パセリとも言われ、消化機能を整え、食欲を増進させます。


また、肝機能回復や殺菌効果も高く、ゆえに口臭予防などにも効果があります。



最後にご紹介は・・・・・生姜です。


みなさんご存知ですよね(^^)


食欲増進、新陳代謝、むくみの改善に効果があります。


また、強い殺菌力があることでも知られています。



総じて見ると、発汗・唾液・胃液の分泌を促し、血流改善や食欲増進効果があります。


また、殺菌力の強いものが多く、防腐効果や鎮痛効果も見込めます。



んー、なんか漢方薬みたいですね。


このように様々なスパイスにより、疲労回復の効果が見込めるカレーですが、元となるルーには油脂も多いです。


ダイエットてきにはちょっと微妙な側面もありますが、食欲の落ちる夏などであれば、疲労回復の効果も含めて、「あり」な食品だと思います。



皆様もよろしければご参考にしてください!!



僕も久々に食べようかな?(^^)



ではでは!



今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
文化祭(^^)


はこちらから(^^)





PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


僕のTwitterアカウント
 総合情報アカウント    @kireiniyaseru_n
 ダイエット情報アカウント @kireiniyaserun
 筋トレ情報アカウント   @kireiniyaseru_1
posted by てっちゃん at 00:50| 疲労 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする