2016年10月06日

「スプリントのトップスピード時のふくらはぎの筋肉」その2

今日は、「スプリントのトップスピード時のふくらはぎの筋肉の動き方」その2


という、前回に続いてマニアックっ度全開なテーマでいきたいと思います。



前回のまとめですが、ふくらはぎの筋肉って、走っている時ってめっちゃ使っていない?と思われると思います。



そこで、トップスピードで走っている時のふくらはぎの筋肉の動きについてお話ししたいと思います。



ふくらはぎの筋肉は、足が後方に行けば今ほどふくらはぎの筋肉は収縮して行って最後に力強く地面を蹴る・・・


のではなく・・・(^^;


ふくらはぎの筋肉は「着地の時」に最も働き(伸張性収縮という)、その後、足が後方に行くにつれその働きは弱まり、地面を蹴る時にはもうその働き自体「消えてしまう」のです。



ではトップスピードのためにふくらはぎのトレーニングは必要ないのか?


・・・という点も含めて、今回お話ししたいと思います(^^)


まず、最大スプリントの最中の足首の関節は、その可動域33°のうちわずか6°であるそうです。


そして、足の接地中の筋出力の発揮時間は、わずかに0.06秒です。


そのような小さな可動域におけるそのように小さな筋活動量が直接スプリントにおいて水平推進に大きく貢献する時間はほとんど存在しません。


んー、じゃあ、ふくらはぎ・・・スピードに関係ない?


と思われると思いますが、「そういう働きはない」のですが、別の意味でとても大事です。


そういう働きとはつまり「推進力に対して直接的に働きかける」という意味です。


直接でなければ・・・そう補助的にはとても大切に働いています。


トップスピードで走っている時は、垂直方向への衝撃も相当な勢いで発生します。


この縦方向の衝撃に対して、縦方向の身体の動きが大きいと、そういう短距離走者は接地時間が長く、姿勢を戻すためにより大きな労力を必要とします。


結果パフォーマンスに悪い影響を与えてしまうのです。


これを防ぐために着地の時に最大の筋出力を発揮しているのです。


伸張性収縮とは、筋肉が「伸ばされながら」も、それに対抗するために筋肉が収縮する方向に力を発揮することです。


この短時間にいかに「身体が着地の衝撃によって縦方向に沈まないように支えるか」が、ふくらはぎの大きな役割となります。


このためにふくらはぎに必要な能力は「反射的接地を達成する」ことです。


すなわち、足関節の可動域を制限しつつ、着地時の力の発揮時間を短くします。



このために必要なトレーニングは・・・・



通常ふくらはぎの筋肉の筋トレとは、カーフレイズという、バーベルやマシンの抵抗をかけて、いわば「背伸びをする」ように、足首を伸ばす動作をするトレーニングです。


確かにふくらはぎの筋肉を発達させたければこのトレーニングで正解ですが・・・



最大スプリント時の筋肉の筋出力の発揮の特性とは合わないんです。


筋肉の力の発揮時間が長すぎる(スローすぎる)からです。


もっと反射的に、そして伸張性収縮という形に近い形でトレーニングすべきなんです。


一番てっとり早いのは・・・縄跳びですね(^^)


こういう反射的な能力を向上させるトレーニングを「プライオメトリックトレーニング」と言いますが、このプライオメトリックトレーニングの中で「アンクルホップ」という足首だけで小刻みにジャンプするトレーニングがあるのですが、まあ、一般の方なら縄跳びの方がより身近かな・・・・と・・・(^^)


そして、瞬間的に飛び跳ねるジャンプ系のトレーニングをできるだけ連続して、足の接地時間をできるだけ短くするように注意しながらトレーニングすべきです。


短距離走の選手はふくらはぎの筋肉は、水平推進を強調するためにふくらはぎの筋肉をトレーニングするのではなく、足首の関節によって垂直方向の力を素早く吸収&反発させるイメージを重視しながらトレーニングするようにしてください!!!


よろしければ是非ご参考に(^^)



ではでは(^^)




今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
思い出の店(^^)



はこちらから(^^)



PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


僕のTwitterアカウント
 総合情報アカウント    @kireiniyaseru_n
 ダイエット情報アカウント @kireiniyaserun
 筋トレ情報アカウント   @kireiniyaseru_1
posted by てっちゃん at 00:35| ジャンプ、スピード、アジリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする