2017年01月23日

トレーニングはどれくらい追い込んだらいいですか? について

今日はみなさんとのやりとりについて詳しくご紹介している日となっております(^^)


今日はこんなやり取りをご紹介したいと思います。


Q
質問なんですが、トレーニングをしていて1日のトレーニングでどれ程追い込めれば良いですか?
例えばダンベルカールなどしていて最後まで追い込み、全てのメニューが終わった後スマホでも重さを感じるほど追い込んだ方が良いですか?それともまだ余裕がある、5.6割程度の追い込みで足りますか?
最近記録が伸びずつい追い込みがちになっていてトレーニングがつらいだけに感じてきて質問しました。
以前は体感ですが7.8割をベースにしていました。
しかし最近はとことん追い込み。始めは15キロのダンベルカール10〜15回をして追い込み色々2頭筋のメニューをした後に最後に8キロのダンベルカール10回も上がるのがやっと位にしてメニューを終えてます



A

スマホ持てないくらいまで追い込みましょう!!!!(^^) 僕も手あげるだけでしんどいくらい追い込みますよ(^^)



もう一つのやり取りでは、


まずぼくのこのつぷやき


筋トレのやりすぎは逆効果です。筋肉というのは一度筋肉を壊して修復という事を繰り返して筋肉がついていきます。ですので、修復の最中に激しい筋トレ(オーバーワーク)をしてしまうと、逆に体調や体を壊してしまいます。十分な休養と栄養をとり適度な休息を取りましょう(^^)



に対して、






Q
ベンチプレスなどの筋トレも10回を1sしたくらいが丁度いいのですか?


A
いえ、目的によりますが、体力維持という目的でもない限り、その量では少なすぎです。筋トレは3セット以上を目安としましょう!


というものです。


要するに今日のテーマは「トレーニングはどこまで追い込んだら良いのか?」です(^^)



トレーニングをどこまで追い込むのか?


これは人によって様々ですよね(^^;


ます、これは二つ目のやり取りにみあったように「目的」による・・・ところが大きいすです(^^)


つまりダイエットが目的なのか? 筋肉を大きくしたいのか? 何かのスポーツのために行なっているのか? 健康のためなのか?


それらにより、トレーニングの追い込み方というのは様々になります。


まず、健康のため・・・ということでしたら、正直「腹八分目」でも十分ですし、なんなら「腹6分目」くらいな感じても十分だと思います。


トレーニングも、ウォーキングのようなものでもいいでしょうし、もしマシンジムなどに通っている方なら、15回くらいできる重さで、大きな筋肉を満遍なく1セットずつ、週に2回程度でも十分健康のためになると思います。


自分のペースで、やりたいことを、余裕を持って行うことが大事だと思います。



次にダイエットが目的であれば、「苦しい思いをして追い込む」ところまではあまりオススメしていません。


軽く息が弾むくらいの運動を自分のできる時間目一杯(これは人によって変わる)、週の頻度もできるだけ自分の出来る時間を目一杯つぎ込むことをオススメします。


最近はHIITと言って短時間に追い込むやり方も流行っていますが、結構ストイックなやり方なので、それよりは、緩やかにジョギングやロードバイク・水泳を「楽しむ」くらいの余裕を持ってやってもらいたいなと思います。

しかし、この場合、前述した通り「時間はできるだけ多く使う」ようにした方がオススメです(^^)


緩やかに長時間・・という感じでしょうか?(^^)


そして、筋肉をつけたい!!という場合は、「短時間でできる限り追い込む」ことがオススメです。


この場合余力を残してもあまりいいことはありません。


それこそこのやり取りにもあるように「スマホ持つのも辛い」くらいまで筋肉を追い込むことがオススメです。


ただし、回数で追い込むというよりは、高重量、中回数(6回〜12回)、多セット(最低一つの筋肉に3セット以上、できれば5〜8セット)、単インターバル(90秒前後)と言った組み合わせで筋肉を追い込むようにしましょう。


使用重量はセットほこなしていくにつれて軽くなっても大丈夫です(^^)
(ここ誤解が多いところです(^^) )


そしてその分「追い込む」ようにしましょう。



最後に何かのスポーツのためですが、これはやるスポーツによって様々になります。



しかし、筋トレと大きく違うのは、筋トレの場合、使用した筋肉は最低48時間、ケースによってはそれ以上休ませますが、スポーツトレーニングって技術練習も含めて色々な要素が入ってくるので、なかなかそういうわけにもいかないのが実情だと思います。


なので、「計画的に」「追い込むときは追い込む」という感じが大切です。


あまりにも疲労が残りすぎで、翌日の練習の質が低下してしまうのもよくありません。


この辺は「年間計画」「半年計画」「1ヶ月計画「「1週間計画」を綿密に作成して実施していくことが大切です。


できれば、その計画はちゃんとトレーニングの事をしっかり理解しているトレーナーに作成してもらわないと、「計画が命」の部分もありますので、そこは十分に気をつけてください。


変な計画なら(間違った計画なら)、それは「ない方がまだまし」ですので!!!


それぞれ、色々な目標を持たれている方多いと思いますが、よろしければせご参考にしてください(^^)


ではでは!!!!



今日の最新ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
寂しいなあ(TT)


はこちらから(^^)


PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を2週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:36| ガチ筋トレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする