2017年02月09日

本番前、ここぞ!! と言う時にスピードを上げたいとっておきの方法!!

今日は、「本番前、ここぞ!! と言う時にスピードを上げたいとっておきの方法!!」と言うテーマでお届けしたいと思います。


日頃のきついトレーニングの成果を、さあいよいよ出すぞ!!!


と言う、「本番」を迎える時に、いつものようなパフォーマンスを発揮できるのか?


いやいや、いつもどころか「いつも以上のスピード」を出せないものだろうか?


そんなことを思ったことが、1回や2回誰でも思ったことがあると思います。


中には「そんなこと試合のたびに思っているよ!!」と言う方もいらっしゃるでしょう(^^)


しかし実際そんな都合のいいことなんてあるわけない!!


無理でしょ!! そんなこと!!!


と思っていませんか?


いやあ、わりと・・・あったりするんですよ・・・これが・・・


「事前高負荷法」なんて一部で言われているのですが・・


みなさん多分テレビなどで1回くらいは見たことのある、実はお馴染みの方法です(^^)


プロ野球でネクストサークルのバッターが、バットにバットリンクという「重り」をつけて素振りをするバッターの姿を見たことありませんか?


そう、あれです!!!


筋肉というのは1回でも高い出力を発揮すると、その後の数分間の発揮筋力が高まります。


つまり1回大きな力を出しておくとその後力が出しやすくなのです(^^)


その理由は筋肉の細胞内で収縮司令を出すカルシウムに対する感受性の向上や、上位中枢の運動司令の神経促通などに夜と考えられています。


そして、この生理作用をスポーツにうまく応用することができます。


先ほどのバッターのように、本番前に競技動作の動作に大きな力発揮を行なっていく方法です。


よく往年の松井選手がやっていましたね(^^)


重たいバットでスイングして強いちら発揮しておくと、スイング動作に動員される筋肉の力発揮を高めることができ「バットが軽く感じる」・・・


わりと誰でもこのような経験をしたことあるのではないでしょうか?(^^)


ウエイトトレーニングをしている方なら、例えばスクワットやデッドリフト、ベンチプレスをピラミッド法で行なっている際に、ピークの重さをやった次に少し軽い重さでセットをこなす際、重さを上げていった時にやった重さなのに、下ろしていく時はやたらと軽く感じる時・・・ありますよね(^^)


もちろん注意点もあります!



やりすぎて疲れないようにしてください(^^;


台無しですから(^^;


また、「ちょっと間」をあけてちゃんと筋肉を回復させてから本番にのぞむようにしましょう(^^)


また、この「事前高負荷法」は、一時的に筋出力を高めるために行う方法であって、これそのものは筋トレではありませんので。


あとは、投球動作のようなデリケートな動作では怪我を誘発してしまう可能性が高いので、「重いものを投げる」と言った方法はお勧めできませんので!!!


十分にご注意してください!!!


ではでは(^^)


今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
今日は・・・失敗しました(TT)



はこちらから(^^)



PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を2週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:23| ジャンプ、スピード、アジリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする