2017年03月07日

彼氏・彼女の声を聞いたら疲れなんて吹っ飛んじゃう?

今日は「彼氏・彼女の声を聞いたら疲れなんて吹っ飛んじゃう?」というテーマでお届けいたしたいと思います。


仕事で疲れてストレスが溜まってどうしようもないとき・・・ありますよね(^^;


そんな時でも愛する彼女・彼氏の声を聴いたら疲れなんて吹っ飛んじゃう!!


そんな経験をされた方も多いのではないでしょうか?


実際そのような体験が、実は科学的にちゃんと疲労回復のメカニズムとして証明されているとしたら・・・・どう思われますか?


今日はその辺のメカニズムを少しお話したいと思います。


これは「オキシトシン」という物質が関係しています。


これは「癒しホルモン」とも「幸せホルモン」「愛情ホルモン」とも、なんとも微笑ましいネーミングが付いている物質でなんです。


この物質は、幸せを感じている時に分泌されるホルモンで、まさにストレス解消の役割をになっていたりします。


そして、相手が彼氏や彼女である場合は、なんと電話で会話しているだけでもその分泌が出ることが確認されています。


んー・・・・リア中爆発しろ!!!!


という声が一部から聞こえてきそうですが・・・(^^:


ちなみにこれはメールとかではダメみたいです。


一番いいのは直接会って話をしてコミュニケーションをとるのがもっとも有効であるそうです。


では、非リア中の方々はストレスにさいなまれる生活を余儀なくされるのか?というとさにあらず・・・・


仲の良い友人や家族との直接会話でも、このホルモンの分泌は確認されています。


ご安心ください(^^)


また、「耳」で聞く事がとても大事なんです。


音楽療法というものがあるのですが、音は体に良い変化をもたらすと言われています。


胎児のうちからクラッシックを聞かすと良い効果があるなんて有名な療法は、まさにその代表ですよね(^^)


ストレスを感じると「コルチゾール」というホルモンがそれに対抗しようと分泌されて身体を興奮状態に持っていきます。


しかし、クラッシックなどのようなゆっくりとした音楽を聴いていると、そのコルチゾールの分泌が抑えられることが分かっており、クラッシック音楽が胎教にいいとされるゆえんでもあります。


また、クラッシックに限らず・・・例えばお風呂に入りながら適当に鼻歌を歌っている
・・・こんな感じの「音」でも実はストレス解消に大きくやくだったりするんです。


音は演奏でも歌でも、音楽を聴くでも、なんでもいいのです!!


しかし、譜面を見て血眼になって楽器を練習する・・・とかでは駄目です。


かえってストレスになってしまいます(^^;


まさに鼻歌を歌う感覚でリラックスした状態で音を耳に入れることが大切です。


でないとストレスを解消できないですので!!


LINEでいろいろやり取りするのもいいですが、ぜひ自身のストレス解消、疲労回復のためにも直接「会話」して幸せホルモンを分泌してみてはいかがでしょうか?


よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは(^^)




今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
初めまして?



はこちらから(^^)



PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1ヶ月遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:10| 疲労 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする