2017年04月20日

練習は嘘つかないって言うけど、頭使わない練習は平気で嘘つくよ・・について

今日はみなさんとのやりとりについて詳しくご紹介している日となっております(^^)


今日ご紹介するのはこのようなやりとりです(^^)


Q
突然ですみません。
今年の春から新高校一年生として私学で野球をやる者なのですが。
一つお聞きしたいことがあり、突然ではありますがDMさせていただきました。

野球では冬場にはありえないほどの量のランニングトレーニングを学生ではやりますが、これは野球で使う筋肉の肉体的成長として本当に役にたっているのでしょうか?
短距離を全力ダッシュなどは役にたつのはわかりますが、良く野球でやらされる長距離のタイム走は意味があるのでしょうか?肺活量や精神力が向上するというのは聞いたことがありますが、当然のことですが野球は投手以外は基本的に肉体的スタミナは必要ありません。
つまり、野手にとっては走り込みが何のためにあるのか全く理解ができません。
走るのが嫌いとかそういう意味ではなく、単純に野球が上手くなるための土台としても必要なのかすらもわからない。ということです。

そこで、
野手に長距離走り込みは必要なのでしょうか?
必要なのであれば、具体的にどこの筋肉が鍛えられ、パフォーマンスに影響するのかをぜひ教えてください。
走り込みが必要だということがわかれば普段の自主練習でも、チームでの練習でも、向上心を持って取り組むことができると思います。

突然の長文すみませんでした。
質問に答えていただければ光栄です。



A
長文のご質問に対して短文で申し訳ないのですがf^_^;
野球に長距離の走り込みはほとんど必要ないですf^_^;
その時間があるなら、短距離ダッシュの繰り返しや、瞬発力向上、筋力向上のトレーニングの時間に当てた方が良いでしょう(^^)




Q
返信ありがとうございます。
やはりそうでしたか
では、自主練習では短距離の瞬発系を練習させていただきます。
突然の質問に回答ありがとうございました!
よろしければ色々ご参考にしてください(^^)



というものでした(^^)


いやあ・・・・長文ですね(^^;


熱意のほどが伺えます(^^)


このテーマはこのブログでも何回か取り上げているのですが、如何せん記事数も多く、全てをみている方なんていないと思いますので、せっかくのご質問ですし再び切り口を変えて取り上げたいと思います。


今日言いたいことは「そのスポーツに「あった」トレーニングをしなければいけない」という、恐ろしく単純なことです。


そして、この恐ろしく単純なことが、なぜか出来ていない現実がこのご質問者のように多々あるということです。


でも、どういうトレーニングが自分のスポーツにあっているのかわからない・・・・


そんな方も多いですよね(^^;


ぶちゃけ、どんなトレーニングが自分の行なっているスポーツにあっているのか?を、年間計画を立てて、正確に実施していくにはかなりの勉強量が必要ですし、できればちゃんとしたトレーナーに診てもらうことが望ましいです。


しかし、そんな時間もツテもない・・・・
(うちのジムに来てもらえれば僕が見ますが(^^))


という場合の対処ですが、すごくざっくりした言い方をすれば・・・


下手なトレーニングするくらいなら、その競技自体そのものを行なっている方がまだ良い!!!!!


・・・・です!!!
(うわあ・・なんか各方面から怒られそう(^^; )


下手に体幹トレーニングとか、長距離の走り込みをしているくらいなら、バスケならバスケの試合、サッカーならサッカーの試合、テニスならテニスそのものを行なっている方が「なんぼかマシ」です!!!


プレー時間が長ければ長いほど、その競技に必要な体力、筋力、技術が養われます。


ピント外れなトレーニングするよりよっぽど間違いありません!!!


例えば、身体に良さそうだから水泳を取り入れようとか、ヨガを取り入れようとか・・・
(アモーレをディスっているわけではないですよ(^^; )


そういうのは「余裕」があったらすればいいのです!!


今回のように野球でシーズンオフだから長距離を走る・・・・


のではなく、シーズンオフなら練習時間多いし、疲労も残ってもいいので、普段できないくらいバッティングマシーンで打ち込みをするとか、ノックを受けるとか・・・・
{※ 注 投げるのは肩の消耗があるので、ちょっとそこは考えなくてはいけない)


単純に走っているよりよっぽど「競技に必要な筋力、技術」が養われるはずです。


そして、「余裕」があったら体幹トレーニング、筋トレ、長距離の走り込み、ヨガなどをすればいいのです!!!


ただ、もう少しヒントが欲しい・・・という方にですが・・


自分の行なっている競技の「ワンプレーの時間」を気にしてもらいたいと思います。


※「一瞬」(野球、幅跳び、高飛び、投擲競技、バレー)

※「数秒」(短距離、バスケ、サッカー、テニス)

※「数十秒」(水泳、スキー、スノーボード)

※「数分」(中距離、ボート競技)

※「数十分」(長距離)


などです。
(上記は一例で、ポジションや競技の距離によっても異なります)


この「プレー時間」とあったトレーニングが基本的にオススメです。


例えば「スクワット」一つにとっても、「一瞬」の競技なら、スクワットジャンプを数少なく、さらにより高く、とか、より重いものを担いでジャンプする・・・などです。


数秒なら高重量で数回のスクワットを・・・


数十秒なら中重量である程度の回数を・・・


数分〜数十分なら自重スクワットを高回数で・・・


というトレーニングを中心に行えばほぼ外れないはずです。


これはスクワットに限らず、腹筋にしても上半身にしても同じことが言えます。


プラスあと考えるとしたら自分の行なっているスポーツに必要な「プレー速度」です。


とにかく速いスピードが必要なら、普段のトレーニングも「スピードを速く」行うことを心がけるべきですし、プレーはゆっくりでも強さが求められるのなら、重い重さでゆっくりとしたトレーニングを多く行うべきです。


なので、野球の野手のように「一瞬」の「速い」プレーが多いにもかかわらず、「長距離を走りこむトレーニング」なんてナンセンス極まりないんです。時間の無駄遣いもいいとこです(^^;


コンディショニングの面から100%無駄とは言いませんが、「他にやることもっとあるんじゃない?」とは、はっきり言えます。


このようなことは多分日本中で行われていると思います。


少しでも皆さんの行なっているスポーツにあったトレーニングができるよう、よろしければこの記事を少しご参考にしてください(^^)


ではでは!!



今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
んー・・・人は見かけによらないというけれど・・・・




PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を2ヶ月遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:25| ガチ筋トレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする