2017年05月13日

身近なものを使って身体の歪みを治していこう!!

今日は「身近なものを使って身体の歪みを治していこう!!」というテーマでお届けしたいと思います。


今日は「骨盤」その2です(^^)


毎度言っていますが、「骨盤そのもの」は「歪みません!!」


一つの大きな骨の塊ですので、それ自体が大きく歪むというのはありえないんです。
(仙腸関節という関節があるので、ごくわずかに歪むことはある)


なので「骨盤の歪みを治す」というのは、「骨盤の傾きを治す」と言い換えた方がしっくりくるんです。


そして、これまた毎度言いますが、骨盤の歪みに限らず、身体の歪みというものは、身体の筋肉の「固いところ」と「弱いところ」の組み合わせで起こることがほとんどです。


では、骨盤の歪み、傾きはどうして起こるかというと・・・・


前回は骨盤が傾いている方向の「下側」の筋肉が硬ケースをご紹介いたしました。


今回は・・・・・


「上側」です(^^)


例えばですが、前回太ももの前の筋肉が硬いと、骨盤の前側を「下に引っ張る」ので、骨盤が前下がりになるというお話をしました。


逆に太ももの後ろが硬ければ逆に骨盤を後ろに引っ張り、骨盤のお尻側が落ちる・・・・


という寸法です。


はい・・・勘の言い方ならこの時点でなんとなくわかっていただけると思いますが・・・・


下を引っ張ることもあれば・・・・


上側に引っ張られることもある!!!!


ということが今日言いたいことなんです(^^)


例えば骨盤の前が下がっているという場合ですが・・


先ほど行ったように太ももの前が硬いと、骨盤は前が下にひっぱるとしたら・・・


逆側の骨盤の後ろ側は、上に引き上げられているわけで・・・・


そう、「腰の筋肉が硬い」と「骨盤の後ろを上に引き上げ」て、やっぱり骨盤が前下がりになったりします(^^;


そう、「骨盤が前下がりになる」というこの1点の現象に対してでも、硬いところは2箇所考えられるんです。


あまりないケースとしては、逆の骨盤の後ろが下がる、つまりお尻が下がるケースの時です。


太ももの後ろの筋肉が硬いということはよくありますが、お腹の筋肉が硬くても骨盤の前が引き上げられて骨盤の後ろは落ち気味になりますが・・・・こちらはあまりないかなと思います(^^;


腹筋に関しては、硬い状態になることは少なく、むしろ鍛えられていないため弱い方の方が圧倒的に多いからです。


ただ、身体が全く反らせないというように身体の前側も硬い方もいるので一概には言えないですが・・・・(^^;


そして、これらの対処ですが、前回は筋肉を押しながら伸ばすコンプレッションストレッチというものをご紹介しました。


しかし、骨盤の「上側」の硬いところをコンプレッションストレッチするのってちょっと難しいんです(^^;


なので、今日は「抑制」をかけたいと思います。


抑制?     


なにそれ? ・・・・と思われるかもですが・・(^^;


簡単です(^^)


「硬いところを押しながら」「リラックスする」だけです(^^)


まあ、マッサージみたいなものですね(^^)


筋肉を押したまま、深呼吸をしながら緊張をほぐすようにじっとしていると、押されている場所の筋肉の緊張は、ほぐれていく反応を示すんです。


これを身近なもので行うには、まずテニスボール、もしくは野球のボールが適切だと思います。


これを腰に当てて仰向けに寝て、リラックスする・・・だけです(^^)


野球のボールなどのサイズでは、どうしても「点」で圧をかけることになると思います。


この場合、「最も硬そうなところを中心にして」押していくようにしましょう!!


また、ちょっと「身近なもの」という趣旨から外れてしまい申し訳無いですが、これはポールを使っていただくのがとてもおすすめです。


ポールを横にしておき、そこに腰を当ててリラックスしながら、ポールを転がしていき、圧がかかるところを背中全体に簡単にかけていくことができます(^^)


また、ポールであれば、身体の側面、全面も同様に、ポールでまるでローラーをかけていくように圧がかかるところを移動して、筋肉をほぐしていくことが可能です。


身体の前であればうつ伏せに寝て、お腹にポールをあてがい、そののまま上下に移動します。


身体の側面も同様で、わき腹にポールを当てて横になって寝たら、そのまま移動ながら側面全体にポールの圧力がかかるようにしていきます(^^)


考え方をもう一度言いますが、骨盤の引き上がっている部分の上の筋肉に、ボールなりポールを置いて圧力をかけつつ、「深呼吸」をしていただきます。


そう、「深呼吸」が、筋肉のリラックスを呼び起こします。


多少痛くても、「ぐっ」と息を止めてはいけません!!!


骨盤の傾きには色々な要因がありますが、「骨盤を引き下げる」だけでなく、「引き上げる」ようなこともありますので、両方に対処していただきたいと思います。


よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!!




今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
今年初めての(^^;





PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を2ヶ月遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:39| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする