2017年07月04日

内臓脂肪について

みなさんこんばんは!


今日は、「内臓脂肪について」というテーマでお話ししようと思います。


内臓脂肪・・・・このブログでも、今まで何回か取り上げてきました!!


しかし、最近しばらく取り上げていないなあ・・・


なんて思い、今日はおさらいの意味で取り上げたいと思います!!!


ジムの体組成計で、身体の筋肉や脂肪・・さらに内臓脂肪と皮下脂肪の数字を測る・・・


結構どこのスポーツクラブでもやっているサービスだと思いますし、うちのクラブももちろん行っています!!


そして、僕は初回者指導の時に、この体組成計で出た数字を、アップでバイクを漕いでいただいている時に、その内容を説明しています。


この時に「内臓脂肪って知ってますか?」と聞くと、「耳にしたことはあるけれど、よくは知らない」


そんなリアクションをされるお客様が、実は今でもほとんどです。


内臓脂肪という言葉が世に出で、もうかなり経ちますし、耳にすることなども多くなったにも関わらず、世間一般のかたの認識はそれほど上がってないのかなあ・・・


そんな感想を最近思うようになり、ちょっとここで再び取り上げてみようと思った次第でございます(^^)


まず、内臓脂肪を語る時に、僕はお客様ににはこのように説明しています。


「つまめる脂肪は皮下脂肪」


「つまめない脂肪は内臓脂肪です」・・・と(^^)


つまめるところというのは、すべて「皮膚」ですよね(^^)


その 「皮膚の下にある脂肪」なので、「つまめる脂肪」と言っています。


かたやみなさん、「肝臓つまんでください」と言ってつまめるでしょうか?


「小腸をちょっとつまんでみてください」と言って「ここが小腸です」とつまんでみれるでしょうか?


無理ですよね(^^;


内臓という、いわば「つまめない場所」についている脂肪なので「つまめない脂肪」と呼んでいたりします(^^)


イラストにしたらこんな感じです(^^)

IMG_3076.jpg


ちなみに内臓脂肪のない状態はこんな感じです!!


IMG_3077.jpg


一目瞭然ですよね(^^;


ただし後のイラストの方が、「皮下脂肪がある」状態を示していますので、そこは注意です!!


そして、脂肪のつく場所以外でも、この両者はいろいろとその性質が違うのです。


まず、内臓脂肪に脂肪がたまる人と、皮下脂肪に脂肪がたまる人には、明らかに傾向があります。


食べた脂肪を「皮下脂肪」に誘導するのは・・・・


女性ホルモンなんです!!


つまり女性ホルモンの少ない男性は、余った脂肪が内臓にたまりやすいのです。


そして、ぼくはよく皮下脂肪と内臓脂肪には「ある程度適正な割合」があり、内臓脂肪1に対して皮下脂肪は2くらいの割合になりやすいとお客様に行っています。(正確には内臓脂肪4対皮下脂肪6の割合)


つまり内臓脂肪の腹部断面積が50㎠だったら、皮下脂肪の腹部断面積は100㎠くらいになるくらいが平均的なのですが・・・


そう・・・平均的にです。


これを一般的見てみると、男性はこの比率が1対1くらいの方が多く、女性は1対3〜4くらいの方が多いですね。


それらを平均すると1対2というわけです。


しかし、女性の方で年齢が高くなってくると、これまで1対3くらいだった脂肪の割合が徐々に1対1に近づいて来ます。


加齢とともに女性ホルモンの分泌が少なくなってくるからです。


これは理論だけの話でなく、ぼくがもう何千人もの方の体組成測定をして来た所感として、はっきりとその傾向はあるといい切れます!!!


そして、この内臓脂肪は、「腹部の断面積で100㎠を超える」とメタボリックと言われるようになります。


いやいや、うちのクラブにある体組成測定機は、「レベル」で表示されるんだけど・・・


という方も多いと思いますが、あれ、「断面積」という表示がちょっとまずいということになり、腹部断面積が10㎠でレベル1と表示しているようです。


なので大抵のメーカーはレベル10でメタボとか、肥満とか表示してあると思います。


そして、一番問題なのは「内臓脂肪が多い」と、「心筋梗塞」や「脳梗塞」になる確率が飛躍的に高まることです!!


ほおっておくと「悪さ」をするのは内臓脂肪の方なんです!!


それに比べ、皮下脂肪は多くても・・・


そんなに「悪さ」はしないんです!!(^^)


次回はもう少し、この「内臓脂肪」と「皮下脂肪」について突っ込んでお話ししていきたいと思います(^^)


よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!!!



今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
やつが来る?




PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を2ヶ月遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:34| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

「太っている人100人のダイエット成功パターン?」

みなさんこんばんは!


毎週日曜日の夜は「ダイエット」をテーマにお届けいたしております。


今日は、「太っている人100人のダイエット成功パターン?」というテーマでお届けしたいと思います(^^)


先週も雑誌Tarzanで行ったBMI25以上の人100人に聞いてみたアンケート内容を元に、所感を書きましたが、今日もちょっと興味深いデータがあるので、それを書きたいと思います。


まずこれです(^^:


IMG_3036.jpg


はい、みんな痩せたいと思っているんですね(^^;


まあ、当たり前と言えば当たり前ですが(^^)


そして、BMI25以上という、一般的にはメタボリックと言われる方々は、さぞ「できるだけ早く痩せたい」と思っているのだろうと思ったのですが・・・・


これをみてください!!


IMG_3037.jpg


意外にも計画的というか現実的というか・・・・


半年以内から1年以内という、割と長い目線で見ていて、1ヶ月以内というのは全体の5%という数字になりました。


僕も指導経験は長い方の指導員だと思うのですが、お客様に聞くと1ヶ月とか、2週間とか、時には3日で・・・なんていう方もいるので、この結果はかなり意外でした(^^;


勝手な想像ですが、おそらくアンケートに答えた人は年齢層が比較的高かったのではないかと思われます。


BMI25の方を対象というとで、おそらくですが、健康診断に引っかかった中高年層をターゲットにアンケートをとった可能性が高いです。


そして、何 kg痩せたいのか?の質問には・・・


はい、こういった感じですね(^^)


IMG_3041.jpg


これは一見無茶な希望かと皆さん思われるかもですが・・・


先ほどの期間をかけて、この重量を減らしたいということであれば「十分に可能」だと思います。


決して無茶な希望などではないです!!!(きっぱり!!!!)


仮に半年で10kgなら、1ヶ月あたり約1.7kgです。


1.7kgの脂肪を落とすのに必要なエネルギーは12240Kcalとなります。


これだけ見るととてつもないエネルギー量に見えますが、一日あたりに換算すると約400kcalになります。


400kcalというのは、たいした数字ではありません!!!(きっぱり!!!!)


にもかかわらず、こういうデータがあります(^^;


IMG_3039.jpg


なんですよねー・・・・・(^^;


これには原因があって、このデータをごらんください。


IMG_3038.jpg


ここが問題です。


運動で一日400kcalを毎日毎日消費するのはとても大変です!!


えっ? たいした数字じゃないって行ったじゃない・・・


と思われるかもですが、「運動だけ」だと、割と大変な数字になります。


体重60kgの方を例に出した場合、ウォーキングでこのエネルギーを消費しようとすると、約1時間半以上、バイクだと、1時間10分ほど・・・ジョギングだと50分ほど毎日行わなくてはいけません。


全然たいしたことあるじゃん・・・・と思われると思います(^^;


これですね・・・・「食事と併用」することが大事なんです!!


上記のデータを合わせると、運動した人と、カロリー制限もしくは糖質制限した人を合わせると153%になります。


複数回答可能だったんですね(^^)


そして被っている53%と・・・・ダイエットに成功した42.5%・・・


おそらくですが、かなりの確率で「併用した人」が、ダイエットに成功していると考えられます。


先ほどの400Kcalを運動で200kcal、食事で200kcaにするのです。


すると・・・ウォーキングなら45分・・バイクなら35分・・・ジョギングなら25分とかなり現時的な数字になります。


食事に関しては200kcalというのは500mlの清涼飲料水1本くらいです。


夕食だけお茶碗1杯の主食を抜いておかずだけ食べていれば、これくらいあっという間ですし、元くはそのまま普段飲んでいるジュースがあればそれを1本控えてもらうだけでOKです。


これで半年で10kg落ちるのなら、「たいしたことない」の範疇だと思いませんか?


しかし、やはりこういうデータがあります。


IMG_30432.JPG



はい・・・これは、「結果が多少なりともでない」とこうなります。


運動だけ・・・食事だけ(食事の場合はわりとまだ数字にでやすい)のダイエットだと、なかなか結果がすくに出るとは言いづらく、もしくは半年という中期的に結果を出し続けることが難しく、「続かない」という結果になります。


また、食事の場合はわりとまだ数字にでやすいと言いましたが、この表の2番目3番目のデータが示す通り、中期に渡る少しきつめの食事制限は続かな傾向にあるので、「運動と併用」して、食事制限のハードルを下げることが大切です!!


よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!!!



今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
昭和がまた一つ消えるなあ・・・・・




PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を2ヶ月遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:17| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

太っている人100人に聞いてみた?

みなさんこんばんは!

今日は、「太っている人100人に聞いてみた?」というテーマでお届けしたいと思います(^^)


突然ですが、みなさんBMIというものをご存知でしょうか?


これは、ボティマスインデックスの略で、簡単にいうと、「身長から見た体重の適正度を示すスコア」だと思っていただけれはいいと思います。


そして、このスコアが25を超えると「メタボリック」と診断されることになります。


まあ、じゃあ筋肉の多い人はどうなるの?というツッコミ度満載のスコアでもありますが(^^;


一般的な方の肥満度を示すにあたっては、ある程度の指標となるものとして参考とされるスコアです。


今日は、このスコアが25を超える方100人に色々なことを、雑誌Tarzanで聞いた記事のデータがありますので、このデータの一部をご紹介しながら所感を述べようと思います。


まず、メタボリックシンドロームの方は、20歳から今まで何Kg太ったのか?


を聞いたところ、もっとも%の多かったのが、なんと・・・・「15Kg以上」で、全体の40%を超えているそうです。
(「以上」なのでもちろん申告レベルの一番上です)


そして「10kg以上、15Kg以内」が次に多く24%、


「5kg以上10kg以内」が15%となっています。


IMG_3010.jpg



いやあ、すごい数字だなあ・・・なんて思ってみたものの、振り返ってみると、自分も20歳の時と比べたら結構体重増えているかも・・・・


そんな方も多いのではないでしょうか?


これですね・・・・ある程度しょうがないんですよね(^^;


人間の身体は常に変化をしています。


身長で言えば、成長は一般的に20歳で止まると言われていますが、中には20歳超えてもやや身長が伸びる方もいらっしゃいますよね(^^)


そして・・・・身長・・・つまり縦の伸びは止まったとしても、骨格というのはそこで変化が止まる訳ではないんです。


身長ならぬ身幅とでもいいましょうか?


「横への変化」というのは、むしろ20歳を超えてから変化する方が多いと思います。


例えば同じ身長で同じ人物の男性もしくは女性の後ろ姿を20歳の時と、40歳の時とで写真をとって20年後に比較したとします。


身長が同じなんだから後ろ姿も全く同じ・・・・な訳ないですよね?


大抵の場合、40歳の時の後ろ姿の方が男性も女性も肩幅が広く、胸郭も横に大きく、がっしりした体型になっていると思います。


これは何も太っている人に限らず、例えば脂肪の少ないスポーツマンでもそうでしょう。


イチロー、カズ・・・・20歳の頃の映像と今とでは、肩幅や骨格は今の方ががっしりとしていますよね(^^)


僕はよくお客様に、「身長は20歳で止まっても、「横への成長」はむしろそこから始まる」と言っています。


では、どれくらいの「成長?」が適切なのか?(^^;


これはですね・・・予防医学者の石川美樹先生によりますと、20歳の時から10kg以内が適正値であり、15kg以上増えてしまうのはまずい・・・


ということらしいです。


このブログを読んでいらっしゃる方には、若い方も多いと思います。


20歳を超えてからの体重は10Kg以内に抑えるようにちよっと、心の隅に置いておくと良いと思います。


えっ? そんなに増える訳ないじゃん!!!


と思っていませんか?


油断対敵ですからね!!!


本当にそうならないように、しっかりと日頃から運動習慣をぜひつけてくださいね(^^)


ではでは!!!!




今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
うわああああああああ!!!




PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を2ヶ月遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:15| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

コレステロールは気にしない?

みなさんこんばんは!


今日は、「コレステロールは気にしない?」について、お話ししたいと思います。


コレステロール・・・・気にしていますか?


なんか、もう健康に悪いイメージしかないですよね(^^;


コレステロールって言葉から想像するイメージなんて(^^;


まず、健康診断でもおなじみ、コレステロールの基本の話からします。


コレステロールって、「悪玉コレステロール」と言われる「LDL」と、「善玉コレステロール」と言われる「HDL」があります。


まず、これの違いなんですが・・・


LDLとは、「低比重リポタンパク」と言われていて、HDLは「高比重リポタンパク」と言われいるものなんです。


いきなり難しくなりましたが・・(^^;


そもそも「リポタンバクって何?」と思われると思いますが、コレステロールはそもそも「油」なので、そのままだと血の中を移動しづらいので、血の中の油は「たんぱく質にくるまれて」移動するんです。


んー・・例えていうなら・・「いくら」みたいな感じでしょうか?(^^;


そして、「コレステロールを必要とする部位まで運ぶのが「LDL」で、それが余ったら回収をする役目を果たすのが「HDL」です。


ん?


なんて言った?


コレステロールを必要とする?


「悪玉」コレステロールでしょ?


必要とするって・・・おかしくない?


いやいや・・ほんとなんです!!(^^)


これねえ・・・ほんとネーミング悪いんですよ・・・


悪玉って・・・


実は、HDLもLDLも基本的な構造は同じで、細胞膜の材料や、男性ホルモンのテストステロンや胆汁の材料にもなるんです!!!


ただし、過剰にLDLがたまって「酸化」されると血管内膜が腫れ上がって動脈硬化につながるのも事実です。


ちなみにこの「酸化」ですが、中性脂肪が多いと、LDLが小型化して血管内に入りやすく酸化もされやすくなりますし、血中に糖が多いとさらに酸化されやすくなりますので、こういう方はとても注意が必要です。


でですね・・ここからが本番なんですが・・・


コレステロールを取るのを健康のために控えている・・・


そんな方多いと思いますが・・・・


実は・・・


まず、2013年にアメリカ心臓医学会は医学的根拠のないことから、なんとコレステロールの摂取制限を撤廃してしまったんです。



いやいや、ほら、アメリカ人は日本人よりもお酒とかも強いし、脂肪をたくさん蓄えられる体質持ってるからでしょ?


と思われるかもですが・・・


日本でも2015年の「日本人の食事摂取基準」において、コレステロールの目標量の算定を控える旨が記載されました。


IMG_2996.jpg



んー・・・ じゃあいくら食べてもいいの?


ってなりますよね?(^^;


これもですね・・・


先に書いたようにコレステロールって身体にとって大事な必要なものなので、万が一にも切らさないように70〜80%は体内で合成されるんです。


なので実は食事の影響はそれほど決定的ではないのです。


まあ、摂取制限がなくなってしまうくらいですからねえ・・・


ただ、「決定的ではない」ものの、「LDL値」に最も影響を与えるのは飽和脂肪酸の多い食事だったり、トランス脂肪酸を多く含んだ食事だったりします。


飽和脂肪酸の多い食事とはカルビとかハム、ソーセージ、加工肉のハンバーガー、フライドチキンといったものです。


トランス脂肪酸は、揚げ物をする時の油が挙げられますが、最近はだいぶこの辺うるさくなってきて、大手さんの外食産業では歌はトランス脂肪酸使っていませんとうたっているところも多いので、気になる方は色々検索してみてください。



最後に・・・


LDL値の高い方は気をつける必要があるいうと、「何を食べたらLDL値って下がるの?」と思われると思います。


これ・・・ほとんどないんです。


よくオメガ3の油・・魚系の油を推奨される場合もあるようですが、実際はほとんど下がらないそうです。


ただ、大豆製品は、数値をやや下げる効果があるそうです。


なんでも大豆タンパクがあると胆汁がそちらに結びつき、脂質の吸収が抑制されるそうです。


この辺はダイエットにも応用できそうですね(^^)



ちよっとまとめると、コレステロールは、「悪者」ではなく、食事の摂取制限も特にはなくなった・・・・のですが、一応今の数値が高い方は、ちよっと気をつけてくださいと・・


そのためには大豆たんばくを多く取るようにしてくださいね!!


というお話でした!!


よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!



今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
頼むぜ!! 俺の身体!!!






PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を2ヶ月遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:42| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

脂肪を燃やす食べ物がある!!

今日は、「脂肪を燃やす食べ物がある!!」というテーマでお届けしたいと思います。


いやいやいや、食べて痩せるって・・・・


なんかどこかのインチキサプリメントの宣伝みたいに・・・(^^;


野上さんらしくもない・・・・


いつも、運動と、食事のコントロール・・・・


つまり摂取カロリーと消費カロリーをコントロールして脂肪を燃やす・・・とかばっかり言ってるくせに!!!


そんなの本当はないんでしょ?


なんて思われているかもですが(^^;
(自分で書いて、ひどいなあと思ってます(TT) )


いやいや、あるって言えばあるんですよ!!!!


いや、本当に!!!!


今日はこのへんをちょっとメカニズム的にご説明しようと思います


脂肪燃焼のキーポイントは、クエン酸回路というものにあるんです。

ミトコンドリアという細胞の中にあるこの回路は、脂肪を取り込んで様々な科学変化を起こすことで、エネルギーを作り出しています!!!


そして・・・・


よく「脂肪を燃焼させる」という言葉を耳にすると思いますが・・・


身体の中で脂肪が燃えるのはこの回路の中だけなんです!!!


ミトコンドリアって全身のいろいろなところにあるので、ある意味「全身で燃やしている」とも言えます。


wikiからの引用ですが・・・


ヒトにおいては、肝臓、腎臓、筋肉、脳などの代謝の活発な細胞に数百、数千個のミトコンドリアが存在し、細胞質の約40%を占めている。平均では1細胞中に300-400個のミトコンドリアが存在し、全身で体重の10%を占めている


そうです(^^)


そして、この「脂肪を燃やす」科学変化を助けるのに必要不可欠なのが、ビタミンB群なんです。


そう・・・ビタミンなんですね!!!


これが少ないと、クエン酸回路がうまく回らず、脂肪を使いにくくなって、脂肪燃焼の効率が落ちるんです!!!!


ビタミンB群を多く含む食品として代表選手は「豚肉」です!!!


なんかビタミンて聞くと野菜を思い浮かべがちですが、実は「お肉系」に多く含まれているビタミンなんです。


ちなみに、豚肉のヒレには、ビタミンB1、レバーにはビタミンB2が豊富に含まれています。


ビタミンB1は、ニラやニンニク、玉ねぎなどに含まれるアリシンというものと一緒にとるとさらに吸収率がアップするのでオススメです!!!


ぼくはよく、ダイエットしている方にも「ダイエット中でも赤身のお肉やレバー類は積極的に食べてくださいね」と、お客様に言っています(^^)


脂肪の燃焼を助けてくれる食材がある・・・・


しかもインチキなしに!!!


ぜひ普段の食事から、これらの食事を心がけていただいてご自身のダイエットに役立ててください!!!


ではでは!!!!



今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
・・・・うぜえ・・・・(TT)




PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を2ヶ月遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:28| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする