2017年03月21日

クイックスタビライゼーション

今回は、「クイックスタビライゼーション」というテーマでお届けしたいと思います。


クイック・・・・は、わかりますよね(^^)


素早くという意味です(^^)


ではスタビライゼーション・・・


これは、フィットネスの世界では主に「静的体幹トレーニング」のことを指します(^^)


静的体幹トレーニング・・・つまり「じっとしたまま静止して行う体幹トレーニング」なんですが・・・


・・・・クイック?・・・・


なんか違くない?


じっとしているだけなのに?


はい、今日は「クィックスタビライゼーション」の紹介です(^^)


具体的なエクササイズのご説明です(^^)


まず「腕立て伏せ」の開始姿勢になります。


このままじっとしていても十分体幹トレーニングになるのですが・・・


ん?「静的体幹トレーニングじゃね?」と思われるかもですが・・・


ここからですね・・・


足を素早く思いっきり開きます!!!


はい、軽く「足だけでジャンプ」してですね(^^)


そして素早く元に戻します!!!


これを30秒間ほど、何回も繰り返します!!!


動的体幹トレーニングじゃ?と思われるかもですが、体幹部分は固定させるように動作しているんです。


確かにシットアップのように大きく動いていないですよね(^^)


しかし、足を開閉する際の軽いジャンプの着地の衝撃に対して、体幹を固めることによって体幹部がトレーニングされています。


シャンプ系トレーニングもそうなんですが、スクワットのようなゆっくりと思い重さを動かすトレーニングより、着地した衝撃を支えるようなトレーニングの方が、一瞬のパワー発揮には効果的なトレーニングになったりするんです。


しかも着地の衝撃を利用する・・・すなわち体幹部ではエキセントリックコンストラクションと言って、「筋肉が伸ばされながら負荷がかかる」状態になります。


これが一番筋肉に強い負荷がかかる状態なんです。

足は確かにクイックに動いていますが肝心の体幹部はスタビライセーション系エクササイズになっているというわけです(^^)


これの派生バージョンを後二つご紹介します!!



簡単です(^^)


やはり腕立て伏せの姿勢になります。


先ほどは足を素早く開閉させましたね(^^)



はい・・・次は「腕の素早い開閉」です。


これもも床についている腕を30秒ほど開いたり閉じたりを繰り返します。


効果は同様ですが足上げ腹筋は下腹部に効くように、足の開閉は比較的下腹部、腕の開閉は比較的腹筋の上部に効くと思っていただいていいと思います(^^)



最後は・・・・


「両方」です(^^)


つまり「足」と「腕」を同時に素早く30秒間開閉を繰り返します!!


やってみるとわかりますが、結構ハードですよ(^^)


普段プランクなどの静的体幹トレーニングをやり込んでいて、さらにステップアップしたい!!


そんな方はぜひチャレンジしてみてください(^^)


ではでは!!(^^)



今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
世の中広いのか狭いのか・・・



はこちらから(^^)



PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1ヶ月遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:20| 体幹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする