2017年06月11日

「中心軸走行」と「2軸走行」の感覚を体感しよう

みなさんこんばんは!!!

今日は、「中心軸走行」と「2軸走行」の感覚を体感しようというテーマでお届けしたいと思います。


中心軸走行と2軸走行の違いに関しては、前回の記事をご覧ください(^^)


世界のトップ選手は2軸走行であるというお話は前回いたしました。


でも、どうやって2軸の感覚を得ることができるの?


と思われる方も多いと思います。


そこで今日はその辺の感覚を得られるように両方の走行感覚の違いをご紹介して行きたいと思います。


IMG_2987.jpg


まず早速ですが、2軸走法の感覚を得るためからです(^^)


※ 両足を骨盤の幅くらいに開き、つま先と膝頭はやや外に向け、股関節を外旋状態にします



※ その状態から、右足の桃をあげ、左足で身体を支持しながら、体幹はひねらずまっすぐ前を向けたまま、前に倒れこむようにして出て行きます



※ 右足の接地予測点は、最初に立っていた足幅のままの二直線の上です。(二直線走法)



※ 右足が設置する前に、左骨盤(左腰)をわずかに前に出すようにします。
  (左脇腹と左腰を入れる感じ、あるいは左脇腹と左腰が前に滑る感じ)



※ この時身体重心は、右軸(右側)の方によって行き、右足が素早く踏みつけられるように接地します。



※ 離地した左脚は地面から離れた瞬間に、鞭のように前に出て、接地した右脚を追い越して行きます。

これが2軸走行における軸の差し替え(切り替え)です。

左足が離地して左軸が消えて、右脚が接地して右軸が現れます。




今度は中心軸走行です。


※ 爪先も膝頭もまっすぐ前を向けておきます。



※ 中心軸感覚の場合、右足のももをあげ、左足で身体を支持した時に、左足が中心軸の真下にあります。

2軸感覚では、左足に重心を寄せながらも、完全に身体重心の真下に左足を持ってきませんでした。
中心軸感覚では、左足は中心軸(身体重心)の真下にあって、前後左右に安定して立っています。



※ この状態から、右足のももを引き上げながら、前に倒れこんで行きます。右足の接地点は中心軸上に(一直線上に)定めて、前に出てゆきます。(一直線走法)

すると左足で蹴ってしまうことがわかると思います。

左骨盤(左腰)が後ろに残ってしまうことも確認してください。



※ この時左右バランスを保つために自然に左肩と左腕を前に出していく補償的な動きが生まれます。

これが中心軸で体幹をひねる動きです。



※ 左足が地面から離れた時に、前述の2軸走行に比べてその足がさっと前に出にくいことを感じると思います。

また、右足を踏みつけて着地していく動きが遅れることも実感できると思います。

いずれもターンオーバーの動きが鈍いことを意味しています。



☆小田伸午著 運動科学 アスリートのサイエンスより抜粋



中心軸感覚で走ると多くの人が一直線に近い足幅になります。


ただし、左右の股関節の機能を上手に引き出す2軸感覚をマスターした人は、一直線上に足をおく動きでも体幹をひねらない2軸走行ができます。


しかし、全力疾走になると二直線走行でないと、完全な2軸走行は難しくなります。
(モーリスグリーン選手やカールルイス選手は二直線走行)


かといって二直線上を走りさえすれば、それだけで2軸走行になるかというと、そんなこともないそうです(^^;


二直線上を走ることは2軸走行に近ずくきっかけになりますが、それだけでは完全ではありません。

二直線上に足をおいても、中心軸でバランスをとる感覚が抜けない人は股関節のターンオーバーができないのでやはりうまく行きません。


次回は、この「股関節」に関する点について色々とご紹介したいと思います(^^)


ぜひお楽しみに!!!(^^)


ではでは(^^)



今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
惚れてまうやろー!!!!!!!!





PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を2ヶ月遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:14| ジャンプ、スピード、アジリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする