2017年10月14日

歪みなく歩いてみよう!!

みなさんこんばんは!!


毎週金曜日の夜は「歪み」をテーマにお届けいたしております


今日は「歪みなく歩いてみよう!!」というテーマでお届けしたいと思います。


歩く姿勢・・・・・大切ですよね!!!


IMG_3258.jpg


そもそも普段そんなに歩かない・・・・という方も多いかもしれませんが・・・


いやいや、通勤とか買い物とかで普通歩くでしょ? と思われる方も多いと思います。


東京をはじめとする都市部にお住いの方は、通勤・通学で歩くことか自然という方も多いと思います。


しかし郊外や地方に行くと、生活の足がほとんど車という地域にお住いの方は、歩く距離は家の玄関から車のドアまで・・・


そして車を降りてから目的の建物までしか歩かない・・


そういう方が多いのも事実です。


歩く距離が極端に短いと、歩くために必要な筋力や、また、姿勢保持のための筋力が低下し、身体がどんどん歪んで行く・・・・


なんていうスパイラルに陥りかねません。


しかし、生活習慣として、もう歩く距離を増やせない・・・・そんな方も多くいらっしゃると思います。


ならばそこで、少しの距離でも「姿勢良く歩く」ために、いくつかのチェックポイントを今日はご紹介させていただき、短い距離のウォーキングでも、その「質を向上させる」ようお役立てしていただければと思います。


まずは、何はなくても「胸を張る」ことがまず大事です!!


ただし、単純に胸を張ると言ってもどれくらい張っていいかわからんいというのが正直なところだと思います。


ポイントは、胸の鎖骨の付け根のポイントを、2cmほど上に上げるだけでOKです!!


これだけで、自然な感じで胸が張れますし、背中の骨も自然なS字のカーブが得られすくなるのではないでしょうか?


そして、鏡でぜひチェックしてもらいたいのは「耳の位置」です


横から見て耳の位置と肩の中央が縦に揃っていることが大事です!!


耳の位置が肩より前に行かないように気をつけてもらいたいと思います。


この姿勢をとっただけで視線が2〜3cm高くなり、視野が広がり気持ちよく歩くことができます(^^)


ぜひ、街中なら、ショーウィンドウで、郊外でも車の窓などを利用して簡単にその場でチェックできますので、よろしかったら試して見てください(^^)


歩くときはわざと「かかとから着地」「つま先で蹴る」動きを強調して歩いて見ましょう!!!


「わざと」が大切です(^^)


できれば靴の裏側が前後の人に見えるくらい派手に動いていただいてOKです。


これでストライドが広くなりやすくなり、下半身の筋肉を大きく使うことができます!!!


歩いている時のポイントとして、着地してから足が身体の真下に来た時に「膝の真上に股関節が乗る」ようにしましょう!!


できれば一歩一歩、「膝の上に股関節!」、「膝の上に股関節!」とイメージしていただくと良いです(^^)


これだけでも自然と歩くスピードが速くなると思います(^^)


遅いスピードで歩くと、膝に体重が乗る時間が長くなってしまいます。


禍体重の方には、これはあまりいいことではありません。


視線も必ず「前」に向けて歩きます。


下を向くと、今まで上げた「鎖骨の付け根が下がり」「胸が張れず」「耳の位置が肩より前になり」「歩くスピードも自然と遅く」なります。


・・・いいことないですね(^^;


なので、しっかりと「前」を向いて、歩きましょう!!


このときは少しだけ顎を引くようにしてください(^^)


腕に関しては肘を軽く曲げ、「前に振る」というよりは「後ろに肘を引く」ように歩きます!!


これにより自然と胸が張りやすく視線も高く維持しやすくなります。


指先は「軽く小枝をつまんでいる」くらいな雰囲気でOKです。


強く握る必要はありません!


歩幅の目安は「身長×0.38」が目安です!!


まあ、メジューを持って歩いているわけではないと思いますが、一応知っておくと良いでしょう(^^)


色々注意ポイントをつらづらと上げさせていただきましたが、短い距離であってもこれらのポイントを気をつけていただき「歩きの質」を向上させてください(^^)


よろしければご参考に(^^)


ではでは!!!





今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
んー、不安はつきませんが・・・





PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を3ヶ月遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:33| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

どこでもできる、体のバランス力アップトレーニング ステップアップ編

みなさんこんばんは!!


今日は「どこでもできる、体のバランス力アップトレーニング ステップアップ編」というテーマでお届けしたいと思います。


身体がゆがんでいると、当然身体の「バランス」も悪くなります。


そして、立っていても、何となく身体がどちらかに傾いていたりするものです。


また、立っている時だけなく、動き始めると。身体の歪みからくる動きのアンバランスを色々なところで調整し始めます。


色々バランスの悪さを色々な場所が補完しながら動くことを代償作用と言います。


この代償作用の働きがあまりに過剰だと、色々な場所が痛み始めたりするものです。


しかも始末の悪いことに、あくまで「バランスの悪さを他の場所がバランスをとっている」ので、痛みが出るところと、その痛みの本来の原因を作っている場所が違う・・・


ということは行くある話です。


身体の歪みの発生している原因となっている場所に対しては、色々な筋トレやストレッチなどで対応していきます・・が・・・


それ以外の、例えば、そもそもバランスよく立つ能力のトレーニングというのも必要だったりします。


そこで今日は、「バランスよく立つ為のトレーニング法」をいくつかご紹介したいと思います。



前回は、爪先立ちで色々と立ったり歩いたりという手法をご紹介しました。


まず、つま先で立ったり歩いたりする方が、とっつきやすく、また誰でも簡単にチャレンジできるからです。


そして今日は・・・そのステップアップ版です!!!


つま先があれば・・・・・


感の鋭い方ならもう気づくかもですが・・(^^)


「かかと」で立ちます!!!


IMG_3339.jpg



これ・・・結構むずいですよ(^^;


なぜなら、つま先の方がまだ床との接地面積が広く、接触面が比較的平らだからです。


また動きを調整するふくらはぎの筋肉も比較的大きいです。


それに対して、かかとというのは接地面積が小さい上に、「球形」ですので、長時間立つのは本当にバランスがよくないとできません。


足首での調整も効かないので、ひざ関節から上のパランス感覚だけで立たなければならなくなります。


まずは30秒これで立てるように頑張って見ましょう!!


そして、それが難しい人はむしろこちらの方が簡単かもしれません。


それは・・「かかとで歩く」のです。


その場で立つより動きがある方が、バランスが取りやすい・・・という方も多いと思います。


これに慣れたら、前回ご紹介したつま先歩き同様、1本の線の上を歩くようにして、ウォーキングのバランス向上をはかりましょう!!



さらに今回はもう一つ!!


1本の線の上を前に歩いていったら・・・・


そのまま、今度は後ろに向かって歩いていきましょう!!!!


前にあるければ比較的簡単に後ろにも行けると思います。


「かかと立ち」に関しては、これらのウォーキングに慣れてから「その場で立って静止」の方がいいかもしれません。


フラフラした環境でも一本身体に軸を通して立てるように、もしくは歩けるようになれば、ウォーキングでのバランスはとても良いものになるでしょう(^^)


バランスよく歩くためにもよろしければチャレンジして見てください(^^)


ではでは!!!



今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
身体がもたないかも(TT)





PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を3ヶ月遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:34| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

どこでもできる、体のバランス力アップトレーニングのご紹介

みなさんこんばんは!!


今日は「どこでもできる、体のバランス力アップトレーニングのご紹介」というテーマでお届けしたいと思います。


身体が歪んでいると・・・・バランス悪いですよね(^^;


当たり前だろ!!と言われれそうですが(^^;


特に、立った姿勢のバランスが悪いと、色々な場所に負担がかかります。


膝、腰、背中、肩、首・・・・


身体には代償作用という働きがあり、どこかのバランスが悪いと、そのバランスの悪さを他の場所で調整したり、動作で調整したりします。


例えば、骨盤が右に傾いていたら、上半身は左に倒して、最後首をまた右に倒してバランスをとる・・・


みたいな感じです。


首が傾いているので、肩が痛い、首が痛いとなっても、その原因はもっと下にある「骨盤の傾き」にあった、ということはよくある話です。


そんなバランスが悪い立ち方を、いろいろと刺激して直していこう!!という、しかもどこでもできる簡単なバランストレーニングをいろいろとご紹介したいと思います。


簡単ですので!!!(^^)


まず・・・・・つま先立ちで立ってみましょう!!!!


そのままキープです(^^)


IMG_3331.jpg



まず、30秒これでキープできるかどうかです(^^)


バランスが悪い方は、この時点で結構フラフラする方もいるかもです。



次に・・・やっぱり、つま先立ちですが・・・


足の幅を狭くして、できればくっつけます!!!


よりフラフラするようになると思いますが、これで「スッ」とフラフしないように立てるように頑張りましょう!!!


やっばり30秒を目標とします(^^)


これでフラフラしなくなったら・・・・この動作で・・・


目をつぶります(^^)


閉眼両足爪先立ちとでも名付ければいいでしょうか(^^;


いきなり、これでまたフラフラする方、出てくると思いますが、せっかく目をつぶっているのですから、全身の筋肉や姿勢に神経を集中して、どういう姿勢であればフラフラしなくなるのか探求してみましょう!!!


これでフラフラしなくなったら、「止まっている時のバランスや姿勢に関してはかなり「軸」の通った姿勢ができると思います。


そう・・・・止まっている時は・・・です(^^)


次のステップは・・・爪先立ちで歩く・・・です(^^)


動き始めますので、体幹には色々な方向から外力が働きます。


つま先で立っていると当然、足の裏の設置面積が少なくなるぶんバランスが取れた姿勢でないと、まともに歩けなくなります。


また、姿勢を保持する筋力がないとやはり歩くことができません。


これで5mから10mくらい「フラフラしないで歩ける」ように、姿勢を正して歩いてみましょう!!



ここまででできるようになったら今度は・・・・


モデルさんのように「つま先」で歩きます。


どういうことかというと「1本の線の上」を歩くようにします。


重心を置く位置が狭まりますので、やはりフラフラすると思います。


最後に・・・


この一本線の上を「目をつぶって歩いて」みましょう(^^)


くれぐれも周りの安全には十分すぎるほど気をつけて下さいね!!!!


スマホ見ながら歩くより危ないですからね!!!!!!


やってみるとわかりますが、体幹にグッと力を入れて、姿勢を正すよう気をつけないとフラフラしてまともに歩けないと思います。


誰でも簡単に、器具も入らずに姿勢やバランスの調整能力を鍛えることのできるトレーニングです(^^)


よろしければご参考にしてください!!!


ps 最初頑張りすぎるとふくらはぎ筋肉痛になりますので、徐々にやっていくようにしてくださいね(^^)


ではでは!!!





今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
珍しくブログ更新できませんでした(^^;




PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を3ヶ月遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:28| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

首のシワをとる!!

みなさんこんばんは!!


今日は「首のシワをとる!!」というテーマでお届けしたいと思います(^^)


首のシワ・・・・年齢を感じるポイントでもありますよね(^^;


首のシワにも、いくつかパターンがありますが、加齢によるものともう一つ・・・・


脂肪が溜まってシワができちゃった・・・・なんていう方もいらっしゃるかもしれません(^^;


脂肪に関しては、通常のダイエットを根気よく実施していただいて脂肪をとりのぞいていただくことが最も近道です(^^)


そして今日ご紹介するのは、「加齢が原因」の方です。


筋肉に張りがなくなって緩んできてしまい、シワができる・・・


そんな方も多いですよね。


筋肉を鍛えるのは・・・・


筋トレです!!!!


でも・・・


首でバーベル持ったりできないし、首を鍛えるトレーニングマシンなんて通っているジムでも見たことないし・・・・


という方がほとんどだと思います。


おそらく、腹筋とか、腕とか、足のトレーニングはやるけれど・・・


・・・首・・・・


トレーニングしている方、めちゃくちゃ少ないですよね(^^;


今日は、このへんについてフォーカスしたいと思います。


まず、首の筋肉は何かと言うと、首の前側にあるのが胸鎖乳突筋、後ろ側の筋肉は頭板状筋肉、首から肩にかけさらに背中に伸びる僧帽筋などが代表的です。


まずは、誰でもできる「イー体操」からご紹介します(^^)


ええ・・・とても簡単です(^^)


その名の通り「イー」と唸るように、口を横にグッと引っ張って見ましょう!!!


IMG_3294.jpg


声に出しながら首に力を入れると、首の前の筋肉に「グッ」と力が入るのがわかると思います!!!


まず、これを20秒ほど行います。


最初は1セットから初めて、慣れてきたら「筋トレは3セット」がまず基本です(^^)


徐々にセット数を増やして、顔の筋肉と首の筋肉に刺激を与えてあげましょう!!!


次にちょっとステップアップです。


前回もお話しましたが、人の顔を若々しく保つには、口に両端が「キュッ」と上がっていると、引き締まった若々しい印象を与えるものです。


逆に、口の両端が下がっていると、たとえ年齢が若くても、なんだか老けて見える顔になってしまいます。


せっかく「イー体操」をやるのであれば、ここにもちょっとケアしたいものです。


簡単なことに気をつけるだけで大丈夫です!!


先ほど「イー」と唸りながら口を横に開き力を入れると言いましたが、この時に・・・


ちょっとだけ、「口の両端を持ち上げるように」「イーッ」としてください(^^)


ちよっとだけで結構です。ほんと1mmから2mmくらい引きあげる感じで十分です。


やってみるとわかりますが、横に開いたときよりも、口の両端を引き上げるための筋肉も使われるのがわかると思います。


まずは、横に引っ張る事から慣れていただき、十分に余裕ができたら、この「口の両端の引き上げ動作」モ一緒に行う方法にステップアップして見ましょう!!


首や口の両端の筋肉が衰えてたるんできてしまっている・・・という方は、よろしければ試して見てください(^^)


もちろん若い方でも、より精悍な顔作りをしたい方にもお勧めです(^^)


よろしければご参考にしてください!!!


ではでは!!!



PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を3ヶ月遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 01:04| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

顔を若返らせる体操!!

みなさんこんばんは!!


毎週金曜日の夜は「歪み」をテーマにお届けいたしております


今日は「顔を若返らせる体操!!」というテーマでお届けしたいと思います!!(^^)


鏡を見て「最近老けたなあ・・・」とため息をもらしていないでしょうか?(^^;


僕は・・・よくあります(TT) さすがにじじいなので(^^;


人の顔・・・というより、頭蓋骨は、骨の塊のようなイメージを持っている方多いと思いますが、顔の筋肉というのは、実に様々な筋肉が入り乱れています。


うちのクラブの学生スタッフに、看護系の学校と柔整の学校に行っている子がいるのですが、学校の宿題で二人とも「身体中の「全て」の筋肉の起始・停止を書くという宿題がある」と言った時に、すかさず「顔の筋肉も全部?」と質問したのを覚えています。


二人とも苦笑いしながら「そうです」と言って、僕はびっくりした記憶があります。
(体育系は顔の筋肉はほとんどやらない)


それくらい顔の筋肉は複雑に入り混じっているからです。


ちょっと考えて見てもらえればわかりますが、顔の表情はいく通りもあり、その全てが当然「筋肉の収縮」にて起こっています。


アームカールで上腕二頭筋が収縮とか、レッグエクステンションで大腿四頭筋が収縮とかいうレベルと違います(^^;


笑う・泣く・怒る・・・それだけでどの筋肉がどれくらい収縮するのか?


ちょっと想像しただけで頭痛くなりそうです(^^;


まあ、その辺は医療系の方々にお任せして、体育系らしく運動面でアプローチしたいと思います(^^)


そう、筋肉なので当然使わないと衰えます!!!


一応顔の筋肉をざっくり説明すると、頭のゾーンに前頭筋、側頭筋、後頭筋、などの筋肉があります。


さらに目の周りを動かす眼輪筋、口の周りを動かす口輪筋、笑う時などに使われる笑筋などがあります。


IMG_3237.jpg


そして特に、老け顔を作るのは、「口の端」です。


ここが落ちてくるとどうしても年寄りくさい顔になってしまいます。


年齢が若い子でも、口の端が落ちていると顔は老けて見えます。


逆に年齢の割に若く見える顔というのは、口の端がキュッと上がっていることが多いです。


筋肉というのは鍛えれば張力が上がり、「ピン」とするものです。


なので、顔の筋肉も鍛えることにより、筋肉のテンションを上げて若々しい顔を作る!!ということは、アンチエイジングの面からもとても大切です。


いやいや、顔でバーベルとかダンベル持てないし、マシントレーニングもないでしょ!!!と思われると思いますが・・・


まあ、実際その通りなのですが(^^; ウェィトやマシンがなければ当然「自重トレーニング」が基本であることは、どのトレーニングにも共通します(^^)


そう自重トレーニング・・つまり顔の筋肉を自重で動かしてトレーニングします!!


簡単ですので!!!


今日ご紹介するのは「顔引っ張り体操というものです。


もともと顔面神経麻痺の対策として考案されたものですが、顔のシワやたるみにも効果があるとされています。


※ 顔の筋肉を全部顔の中心部に寄せてみる


※ 顔の筋肉を全部外側に広げてみる


です(^^)


最初はやりづらさもあると思いますが、何事も「練習すれば上手くなる」です(^^)


そしてこれに慣れたら今度は、


※ 顔の筋肉を斜め上に引っ張る


※ 次にあげた方向と反対の方向の斜め下に顔の筋肉を引っ張る



です。


IMG_32362.jpg


筋トレの基本として、これはアイソメトリックトレーニングになるので、筋肉を引っ張っている時間は数秒を基本として筋肉の収縮をキープします。


さらに最初は1セットを基本として筋肉を慣らし、慣れてきたら筋トレは3セットが基本です!!!


最後にやっばりこれも基本で週に3回を目安に筋肉の超回復を狙っていきましょう(^^)


以上体育系からの顔の筋トレアプローチでした(^^)


よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!!




今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
今日は汚い話ですみません!!




PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を3ヶ月遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:58| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする