2017年06月23日

筋トレで猫背を治して見よう!!

みなさんこんばんは!!


今日は「筋トレで猫背を治して見よう!!」というテーマでお届けしたいと思います。


猫背でお悩みの方多いと思います。


そんな猫背をもし、「筋トレで治せたら?」・・・


そんなこと思ったことありませんか?


・・・はい(^^)・・・できるんです!!


そもそもの猫背の原因は確かに色々あります・・・が・・・


ある意味で最も効果的なのは「筋トレ」とも言えます!!!


なぜ猫背になるのか?ですが、最も原因として大きいのは「肩甲骨と肩甲骨の間が離れてしまっている」ことであり、つまり、「肩甲骨と肩甲骨を繋いでいる筋肉が弱い」ことが考えられます。



なので、「肩甲骨と肩甲骨を繋いでいる筋肉」を筋トレして両者の距離を縮めてあげることが大事です。


えっ、そんな筋肉あるの? と思われるかもですが・・・・(^^;



もちろんあります!!!


では・・・・その筋肉はなんなのか?・・・というと・・・


菱形筋という筋肉です(^^)


IMG_3029.jpg


これは、肩甲骨と肩甲骨の間にある筋肉で、正確には「大菱形筋」と「小菱形筋」があります。
(イラストは大菱形筋)


この筋肉を筋トレすることによって、肩甲骨同士の距離を縮めてあげることができます。


筋肉は「ゴム」と同じ特性を持っているので、ゴム同様「太ければ太いほど」「強ければ強いほど」引っ張る力が強くなります。


では・・・・


どのような筋トレをすればここが鍛えられるのか?ですが・・・



バーベルであれば「ベントオーバーローイング」という種目になります。


IMG_3030.jpg


ダンベルであれば、ワンハンドダンベルローイングが基本になります(^^)


IMG_3031.jpg


マシンであれは、「シーテッドロー」という種目や、フォームをしっかり行えば「ラットプルダウン」という種目でもいけます!!


IMG_3033.jpg


IMG_3032.jpg


僕のYouTubeチャンネルにこれらのマシンの高い方の動画を上げていますので、よろしければご参考にしてください(^^)
(できればチャンネル登録もよろしくです(^^) )












要するに、「肩甲骨を寄せる時に負荷をかける」トレーニングが基本になるので、ダンベルでもいいですし、チューブなどでも、同じょうな動作を行えば、猫背はかなり改善を見込めます!!!


IMG_3034.jpg


今日は文字で説明というよりは、リンクを貼った僕の動画や、イラストを参考にしながら進めていただき、ご自身の猫背対策の参考にしてください(^^)


ではでは(^^)




今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
・・・・高くない????





PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を2ヶ月遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


・・・・さらに・・・・


僕のTwitterアカウントは以下の三つになります。

健康に対する総合情報をつぶやくメインアカウントです(^^)
(たまに健康以外のライブなつぶやきも行います)

パーソナルトレーナー  野上 鉄夫 @kireiniyaseru_n


筋トレに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーの筋トレ情報!@kireiniyaseru_1

ダイエットに関する情報を主につぶやくアカウントです(^^)

パーソナルトレーナーのダイエット情報!! @kireiniyaserun


よろしければ、目的に合わせてフォローしてください(^^)
posted by てっちゃん at 00:15| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする