2016年11月12日

「グルコサミン・コンドロイチン・・・本当に効くの?」について

今日は身体の歪みを語る上で大切な「関節」・・・その中でもよくある関節サプリメント「グルコサミン・コンドロイチン」について少しお話ししようと思います。


グルコサミン・・・・コンドロイチン・・・・


耳にしたこともある単語だと思います。


あまり知らない方の為にご説明させていただくと、これらは、関節の軟骨を構成する成分です。


カニの甲羅やエビの殻によく含まれていると言われていますが、皆さんカニの甲羅やエビの殻なんて、まず食べないですよね(^^;


なので、これらを摂取しやすいように加工されたサプリメントがあり、通常はサプリメントで摂取していくのが一般的になっていると思います。


でですね・・・


要するにこれらの成分を「口から摂取」して「ちゃんと関節にその成分を届くのか?」というところが問題なんです。


例えば女性の方でこれとよく似た話でコラーゲンを食べたら肌にそのコラーゲンがいくのか?という話とかなり近いです。


これは、体内に入ると消化酵素により分子からペプチドとして切り出され、血中に入る頃にはもうバラバラに分解されていて、あとで「コラーゲンとして合成」されるのかどうかは全く不明だそうです(^^;



そして、もう一つ関節に対してのアプローチでよく聞くのが「ヒアルロン酸」です。



これは医療の現場では痛い幹部にヒアルロン酸を注射する・・というのはよくあるケースらしいのですが、こちらも経口摂取して改善効果があるのかどうかのデータはまだ揃っていないそうなんです。



そしてグルコサミンやコンドロイチンも結局「効いた気がする」程度のものなのかどうか?なんですが・・・


こちらは実はかなりのデータが集まっているそうです。


どんなデータかというとアメリカの国立衛生研究所が3238人の中程度から高度な関節の痛みを持つ人にグルコサミンとコンドロイチンを服用してもらったところ、なんと79.2%の人が改善したという報告をしているのです。



んー・・・・びっくり・・・・!!!!!



日本でも研究は進んでいて、負荷の高い運動後、体内では軟骨を分解する酵素の分泌が観測されていますが、運動前にグルコサミンを飲むと、この分解酵素の分泌量が低下し、軟骨を合成する酵素は増えるそうです。



つまり・・・適量なグルコサミンと適度な運動の組み合わせで関節が丈夫になる可能性があるわけです。


また、グルコサミンにも、コンドロイチンにも抗炎症作用があるらしく、それにより痛みを和らげている可能性もあります。



また、カナダで行われた大規模統計調査では、驚いたことにいろいろなサプリメントを飲んだ人の中で、グルコサミンとコンドロイチンを飲んだ人だけ20%弱も死亡率の低下が起きたそうです。


そして、なぜこのようなことが起きているのか?


本当のところはまだわかっていないそうです。



ただ、この数になるとただのブラセボ効果(偽薬効果)でもなさそうですし、エピデンスを尊重していいと思います。



んー、いつもサプリとかには難癖つけまくっている僕ですが、さすがに文句のつけようがありません(^^;



関節に痛みを感じている方は、とりあえず、グルコサミン・コンドロイチンのサプリメントはお勧めであると言えます(サプリをオススメなんてこのブログで初めてじゃないだろうか?(^^; )


あっ、言っときますけど、「関節に痛みのある方」ですからね!!!(^^;


よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!!



おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
半端ない!!?


はこちらから(^^)



PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


僕のTwitterアカウント
総合情報アカウント    @kireiniyaseru_n
ダイエット情報アカウント @kireiniyaserun
筋トレ情報アカウント   @kireiniyaseru_1
posted by てっちゃん at 00:43| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

「顔のゆがみの具体的対策」について

今日の夜は「歪み」をテーマにお届けいたしております


今日も前回同様「顔のゆがみ」について少しお話ししようと思います。


顔が歪む・・・・この俺のイケメンな顔が歪むなんてあるわけないじゃん・・・・


なんて言っている方もいらっしゃると思いますが・・・(^^;


顔のゆがみというのは、いつ誰に起きてもおかしくありません!!


・・・・なぜなら・・・・


「視力」が影響するケースがあるからです(^^)


前回片方の視力が落ちると


※ 顔の右を前に出して物を見ようとする

※ 顔の右を引いて物を見ようとする


という両方のケースが考えられ、「出している」「引いている」の両方ともそちら側に力が入っているということなので、そちら側の筋肉が引き締まり、力が入っているので発達しやすくなり、結果筋肉が発達し面積が広くなりやすくなると・・・


逆に力の入っていない側の顔は、筋肉が緩み、たるみやすくなる傾向にあるというお話をしました。



実際に顔のほう骨の辺りに左右差がある方かなりいますよね・・


顔を半分にして、右側の顔と左側の顔が全然違う印象の方も多いです。



顔の筋肉の張りの左右差がもたらす結果なのですが、「ものの見方」がかなり影響すると思ってください。



そこで今日はその対策なのですが・・・


オススメは「寄せ目エクササイズ」です


なんだそりゃ?という方多いと思いますが・・・・(^^;


はい、「寄り目」の練習をするんです。


特に近いところを見るときに目を疲れさせずに楽に見るには両目で同時に同じところを見て、そこで得た情報を脳内で一つにまとめます。


その結果ものが立体的に見えるというわけです。


また、この寄せ目を繰り返すと、見たものを脳内で一つにまとめる映像力や、ものを立体的に見る能力が強化され、視力の回復や脳の記憶力が高まることも期待できます。


最近はスマホの普及で目から入る情報量が膨大になってきており、それが処理しきれず両目の動きも悪くなってきている方多いのです。


まず寄せ目エクササイズのやり方ですが、目の前に指を1本出します。


そのまま指を顔に近づけ目を寄せます。


最初これが難しい人は、できる範囲で構いません。


そして「両目を寄せたまま」指を左右に動かして、視線もそれを追うようにします。


左右に動かして慣れてきたら、今度は「上下」です。


はい、「目は寄せたまま」行います(^^)


このエクササイズで目の周りの外眼筋を鍛えていきます(^^)



あと動くものを追いながら寄せ目をするエクササイズとしてティッシュを丸めたものを作ります。


顔は上を向き、丸めたティッシュを放り投げ額に落ちるようにします。


その間ずっとそれを目で追いかけるのです。


その時自然と寄り目になりますので(^^)




一説では身体の疲れの大半は目が原因とも言われています。


目の疲れや視力の低下は血流が関係するからです。


ぜひ「目のエクササイズ」で目の血流を良くして疲れを取り「片眼視」もぜひなくしていきましょう。



ついてですが、デスクワークなどでもいつも置いている書類の位置を、例えば右からひだりにおくだけで偏りは結構改善されたりもします。


よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!!




今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
悲願!!!!!!(TT)


はこちらから(^^)




PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


僕のTwitterアカウント
総合情報アカウント    @kireiniyaseru_n
ダイエット情報アカウント @kireiniyaserun
筋トレ情報アカウント   @kireiniyaseru_1
posted by てっちゃん at 00:29| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

顔のゆがみ

今日は「顔のゆがみ」について少しお話ししようと思います。


顔が歪む・・・・この俺のイケメンな顔が歪むなんてあるわけないじゃん・・・・


なんて言っている方もいらっしゃると思いますが・・・(^^;


顔のゆがみというのは、いつ誰に起きてもおかしくありません!!


・・・・なぜなら・・・・


「視力」が影響するケースがあるからです(^^)


誰にでも視力が落ちるというのは起き得ることですよね。


しかも、実は「片目の視力が落ちる」とこれが起きやすいんです(^^;


特に片方の目で物を見る癖のある「片眼視」などで、外眼筋が硬直すると眼球が圧迫されて視力低下につながりやすくなります。


そして片方の眼の視力が悪くなるともう片方の眼で物を見てしまう癖がついてしまいます。


この場合どうなるかというと、


※ 顔の右を前に出して物を見ようとする

※ 顔の右を引いて物を見ようとする


という両方のケースが考えられます。



これがどのように顔のゆがみにつながるかなんですが、出している側の顔の特徴として、出している側の顔が「しゃっきり」とし、結果筋肉が発達して面積が広がる可能性があります。



そしてこの場合の反対側は、面積が狭くなり、筋肉も発達しないので締りがなく、垂れ気味になります。


・・・・やばいですね(^^;



次に「引く」場合ですが・・・


この場合「引く側」の方の顔の筋肉が締まります!!!


そう、「出している」「引いている」の両方ともそちら側に力が入っているということなので、そちら側の筋肉が引き締まり、力が入っているので発達しやすくなります。


結果筋肉が発達し面積が広くなりやすくなると・・・


逆に力の入っていない側の顔は、筋肉が緩み、たるみやすくなる傾向にあります。



実際に顔のほう骨の辺りに左右差がある方かなりいますよね・・


顔を半分にして、右側の顔と左側の顔が全然違う印象の方も多いです。



顔の筋肉の張りの左右差がもたらす結果なのですが、「ものの見方」がかなり影響すると思ってください。



そして、次に顔以外ですが、例えば顔の右を前に出して物を見ようとする場合、左側の首や肩、腰が痛くなるケースが考えられるんです。


逆に右側を引いて見る癖が出た場合は、身体の右側各所に痛みが出る可能性が高くなります。


この場合、引いている側の筋肉が拘縮するので、このような結果になります。


そしてこの「片方を出す癖」が強い人ほど顔や身体にゆがみが出やすくなります。


もう一つ問題なのは「寝相」です。


片方を下にして寝る癖のある方・・・・いらっしゃると思います。


その場合どうなるのかというと、下にしている側の顔の筋肉が収縮し、そちらの眼底の血管と神経が圧迫されます。


すると下にある側の眼及びその周囲の筋肉の血流が悪くなり、また眼球が圧迫されて視力が悪くなる恐れがあります。


もし、常に片方の顔を下にして寝る癖がある方は、意識して、反対の側を下にして寝るようにしましょう(^^)


要するに顔の筋肉が偏って収縮いるのを防げればOKです(^^)



次回は、この顔のゆがみの具体的対処策をご紹介しようと思います。


ぜひお楽しみに!!!



ではでは!!!


PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


僕のTwitterアカウント
 総合情報アカウント    @kireiniyaseru_n
 ダイエット情報アカウント @kireiniyaserun
 筋トレ情報アカウント   @kireiniyaseru_1
posted by てっちゃん at 00:28| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

歪みの科学 身体の関節の男女差について

今日は「歪みの科学 身体の関節の男女差について」というテーマでお届けしたいと思います。


人間は必ず男性か女性のどちらかで生まれてきますよね(^^)



中には身体は男性で心は女性という方、もしくはその逆の方もいらっしゃると思いますが、肉体的には必ずどちらかの性別で生まれてきているはずです(^^)


そして、この肉体的にどうしても男女特有の特徴というものは存在します。


今日は、身体の歪みにとても深く関わる、「関節系の男女の特徴」を少しご紹介しようかなと思います。


まず、全身の関節が比較的堅いのは・・・・もちろん男性です。



特に股関節に関しては、男性は女性に比べて開きづらいという特徴があります。


これは関節を構成する関節包や靭帯が女性に比べて堅く、またタイトな方が多いからです。


また、その股関節を織り成す骨盤の形も男性と女性とではその形状の特徴が全く違います。


男性は骨盤が女性に比べて小さく、その形は比較的逆三角形に近い形をしています。



これに対して女性は、骨盤が比較的大きく、その形は四角形に使い形になります。



出産に備える女性ならではの特徴と言えます。


男性は比較的股関節に深く骨がはまっているのに対して、女性はやや浅くはまっている傾向にありますが、それはこの骨盤の形状の違いにもやや関係していると思われます。


次に関節の怪我の男女の特徴をご紹介します。


男性は比較的「腰」の怪我が多いのが特長です。



それに対して女性は「膝」の怪我が多いのが特長です。


ただしこれは性差というよりも生活習慣の違いの方が影響が大きいようです。


どういうことかというと、女性は高いヒールを履く機会が多く、膝に負担をかけることが多いからです。


女性の方が男性より膝周りの筋力が足りなくて内股になりやすい(ニーイントウアウトと言う)ことも原因になっていますが。


あと、意外かもしれないですが、男性の方が着地の際に「足首の傾きが小さい」のが特長です。


先ほど書いたように女性の方が膝周りの筋肉がどうしても弱いので、膝が内に入りやすく、膝だけでなく足首もこの影響を受けるからです。


外反母趾が多いのも女性の特徴で、これも上記の原因が影響します。



こういった部分は、ヒールの低い靴を履いたり筋トレをしていくことで十分に対応が可能です。



また、関節リウマチの発症率が高いのも女性の特徴と言えます。



以上にあげた特長はあくまで「全体的な傾向」であって、もちろん全ての人がこれに当てはまるとは限りません。



私の家では、僕の方が柔軟性ははるかに嫁さんより高く、この点全く勝負になりません(^^;



これは僕が学生時代に空手をやっていたことが大きいですが、このようにどのようなスポーツをしてきたかによって、女性に負けないくらいの柔軟性を持つ男性もいれば、男性に負けないくらいの力を有している女性がいるのも事実です(^^)



やはり全体的な傾向として、対処策を述べると、男性は筋トレ・・・・も確かに良いのですが、それにプラス、ストレッチと体幹トレーニングをされた方が良い方が多いように思われます。


女性はヨガのような柔軟性を指向するエクササイズもいいのですが、できれば下半身の筋トレをそれにプラスするといいと思われます。



もう一度言いますが、あくまで「全体的な傾向」ですので、「自分の傾向」をしっかりと把握して対処することの方が大事です!!!


まあ参考までに捉えておいていただければと思います(^^)


ではでは!!!




今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
アポーっペーン!!! バイナポペーン!!!! じゃねえよ!!!!!!



はこちらから(^^)




PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


僕のTwitterアカウント
 総合情報アカウント    @kireiniyaseru_n
 ダイエット情報アカウント @kireiniyaserun
 筋トレ情報アカウント   @kireiniyaseru_1
posted by てっちゃん at 00:10| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

歪みの科学「足の裏をもうちょっと整えてみよう!!」

今日は「足の裏をもうちょっと整えてみよう」というテーマでお届けしたいと思います。


足の裏・・・・皆さん気をつけていますか?


このブログでも毎週金曜日のこの歪みをテーマにした日には必ず、ある程度過去にも定期的に取り上げてます。


なぜなら・・・とても大事だからです。


まず、足の裏についておさらい的にご説明します。



足の裏には大きく3つのアーチが存在します。


皆さん「土踏まず」のところが大きくえぐれてアーチになっているのはさすがにわかると思います。

これをもうちょっと詳しく説明すると、「踵」から土踏まずのアーチを介して「親指の付け根」までカーブしていると思います。


これを「親指側のアーチ」とします。


これと近い形でもう一つアーチがあります。


踵から「小指の付け根」に渡って同じようにアーチがあるのです、


これを「小指側のアーチ」とします。


最後にこの「親指の付け根」と「小指の付け根」を結ぶアーチがあります。


これをちょっと難しい表現ですが「MP関節のアーチ」と呼びます。


上から見るとこれらを結ぶと三角形になり、横から見ると一つ一つがアーチ・・・カーブを描いていて、そのカーブがたわむことによって、地面からの衝撃を吸収しています。


細かいことを言うと、この横に走っているアーチ「MP関節のアーチ」と「踵」の間に、やはり横方向に走っている「足根中足関節のアーチ」というものもあります。


これらのアーチが適正になっていない・・・例えば土踏まずが潰れていわゆる「へん平足」の状態で、この扁平具合が左右違ったりすると、そもそも「足の長さ」が左右変わってしまい、骨盤に傾きが生じます。


その骨盤の傾きを修正しようと、その上の上半身がバランスをとるために傾き・・・さらにそのバランスを修正しようと首が曲がり、頭の重さで最終調整をする・・・


といった感じですね。


このアーチは「足の裏の筋肉の張力」によって作られているので、「足の裏の筋肉を鍛える」というのは、実は体の歪みを修正する上でとても大切な役割を果たします。


また身体の歪みの出発点は「足の裏」といっても過言ではありません。


でも足の裏の筋肉なんてどうやってきたえるの?と思われると思います。


通常は「タオルギャザー」と言って、椅子に座って床にタオルを敷き、足の親指でそのタオルを手繰り寄せていく・・・というトレーニングがよく紹介されます。



今日は、このタオルギャザーに色々と工夫を加えたものをご紹介したいと思います。


まず普通のタオルギャザーは「足の指全体で」で「縦方向(自分の方)」にタオルを引っ張っていきます。


ただしこれだと、どうしても親指の意識が高くなりがちになります。


なのでこれだと、上のアーチで言えば、主に「親指側のアーチ」の筋肉を鍛えやすくなります。


これはこれでいいのですが、(決して小指側のアーチが鍛えられないということではない)今日はあえて他のアーチのトレーニングのご紹介です。


まずは小指側を特に鍛えたい場合ですが、これは、タオルを少しずらして、小指・薬指・中指くらいまでにかかるようにタオルを敷き、その3本の指だけでタオルギャザーをし、意識としては、足の外側のアーチを収縮させるイメージでタオルを引っ張るようにします。



次に問題なのは「足根中足関節のアーチ」です。


ちょっと難しいかもですが・・・・


これは、タオルを置いて、親指と小指がくっつくようにイメージしながらタオルを「足の中央に寄せる」ようにします。


足でじゃんけんの「グー」を握る感じといえばわかりやすいでしょうか?(^^)


3つのアーチのバランスはとても大事です。


しっかりと色々なアーチを司る筋肉を鍛えていきましょう(^^)



ではでは!!!!


今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
なんだか僕の家が大変になっていきそうです(^^;



はこちらから(^^)


PS
こちらの記事は、メインのブログアカウントでは更新済みの記事を1週間遅れて再掲載しています(^^;


もしよろしければ、現在のメインブログアカウントはこちら


ようこそフィットネスフィールドへ


になっております。



掲載している記事は同じですが、少しでも早く記事をチェックしたい!!という方は、メインアカウントをお気に入りなどに登録していただくことをお勧めさせていただきます。


僕のTwitterアカウント
 総合情報アカウント    @kireiniyaseru_n
 ダイエット情報アカウント @kireiniyaserun
 筋トレ情報アカウント   @kireiniyaseru_1
posted by てっちゃん at 03:25| ゆがみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする